施工事例

春日部市でガルバリウム鋼板製屋根の塗装工事をしました。

以前、トタン屋根を葺き替したお客様より屋根の点検依頼がありました。経年劣化によりサビの発生や、旧塗膜の剥離が目立った状態だったため塗装工事に入りました。

ビフォーアフター

before
塗装前やね

arow
arow
after
完成屋根

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 

使用材料
ニッペ サーモアイSi

築年数
約35年


施工期間
10日間

ガルバニウム製鋼板屋根が、葺き替え後の経年劣化による表面腐食・サビの発生げ傷んだため、塗装工事をすることになった。

塗装前

塗装前屋根

10年程前に葺き替えした大屋根。経年劣化で雪止め材部分のサビの発生、塗膜の劣化によるチョウキングが起きています。

 

下屋ね塗装前

こちらは、数年前にもメンテナンスを行わなかった下屋根です。経年劣化により塗膜が剥がれています。サビの発生で穴が開きそうな状態です。

トタン等、鉄部の塗装は3~5年位で行いますが、屋根塗装は短期間で何度も塗装することは大変です。そこで、耐候性の良い塗料をお勧めいたします。

 

高圧洗浄

洗浄

下屋ね洗浄

塗り替え前の高圧洗浄工程です。塗装面を綺麗にすることで塗装の効果を高めます。

 

洗浄後屋根

洗浄後下屋ね

高圧洗浄後の状態です。大屋根も下屋根も汚れはなくなり、剥離した塗膜もとることが出来ました。

 

下塗り

下塗り

下塗り下屋ね

下塗り工程です。鉄部に塗装する前の下塗材は錆止め材を使用します。下地処理では十分にケレン作業を行います。

 

塗装完成

大屋根完成

塗り替え完成

下塗り終了後、仕上げの塗料で中塗り、上塗りと2回塗装を行って屋根塗装工事の完成です。ここでは、日本ペイントの遮熱塗料「サーモアイSi」を使用しました。艶があり、反射している状態が分かります。遮熱塗料を使用することで、夏場の室内における温度差で、2~3度の低下が期待できます。最近の屋根塗装では、殆どの工事で遮熱塗料をお勧めしています。

人気のブログ一覧

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る