施工事例

武蔵野市境にて鉄骨造(S造)3階建ての外壁塗装にはパーフェクトトップ(ND-104)を使用

 「武蔵野市境にある鉄骨造(S造)3階建ての外壁塗装とシーリング打ち替え工事をお願いしたい」とメールにて、お問い合わせをいただきました。改修予定の1階と、狭隘で施工不可な南側を除いた2~3階の外壁塗装をご希望との事です。また、3階のエアコンを取り替える予定があった為、お客様のご希望で、電気屋さんの足場を利用することになりました。

ビフォーアフター

before
外壁塗装前

arow
arow
after
外壁塗装後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 シーリング打ち替え 

使用材料
パーフェクトトップ
(ND-104)
ファインSi
(ND-375)
水性ケンエース
(ND-375)
オートンイクシード


保証年数
5年


点検の様子

外壁塗装前の鉄骨造(S造)3階建て

淡い色の外壁には汚れが目立ちます

 メールをいただき、点検にお伺いしました。建物の外壁は温かみのあるクリーム色です。淡い色なので、余計に汚れが目立ってしまっていました。外壁の汚れは、塗膜の保護機能が低下しているサインです。そうなると、雨水や紫外線の影響により、外壁材そのものの劣化が早まってしまいます。汚れが目立ち始めたら、外壁塗装を検討しましょう。

シーリングには剥離が見られます

ブリード現象

 外壁の目地にも劣化症状が見られました。シーリング材と外壁の間に隙間ができてしまっています。これは「剥離」と言って、シーリング打ち替え時に、プライマー(下塗り材)の塗りが不足していたり、ムラになってしまうことが原因で起こる症状です。隙間から雨水が浸水し、雨漏りを引き起こす可能性がありますので、見つけたら早めに打ち替えを行いましょう。
 また、剥離の他にブリード現象も見られました。ブリード現象は、シーリング材に含まれている可塑剤が表面に染み出てくることで起こります。塗料や空気中の汚れと反応して、変色してしまうのです。シーリング材と塗料の相性が悪い場合などに見られます。最近のシーリング材は改良され、ブリード現象も減ってきています。

シーリング打ち替え

既存のシーリング材を撤去

プライマー塗布

 まずはシーリング打ち替えを行っていきます。カッターで切れ目を入れ、既存のシーリング材を剥がします。そして、シーリング材が外壁に付着しないように養生テープを貼ります。テープを貼り終えましたら、プライマー(下塗り材)を塗布していきます。その際には、ムラにならないように丁寧に行うことが大切です。

オートンイクシード

オートンイクシード(新しいシーリング材)を充填

 プライマー塗布後、新しいシーリング材を充填していきます。お客様は「耐久性」を重視されていましたので、シーリング打ち替えには、オートンイクシードを使用しました。一般的なシーリング材の寿命は、7~8年程度となっています。それに比べて、オートンイクシードの耐用年数は15年以上と言われています。劣化の原因となる可塑剤の替わりに配合された「LSポリマー」により、圧倒的な 耐久性・耐候性を実現したシーリング材です。

充填したシーリング材をヘラで平に均す

シーリング材がある程度乾燥したら養生テープを剥がす

 空洞を無くし、表面をきれいにするために、ヘラを使用して平らに均します。最後に養生テープを剥がして、シーリング打ち替えが完了となります。シーリング材が完全に乾いてしまうと、テープが残ってしまう可能性もありますので、ある程度乾燥したら剥がします。

高圧洗浄

高圧洗浄

高圧洗浄

 次は高圧洗浄です。外壁に付着した汚れや、旧塗膜を綺麗に洗い流します。ほとんどの汚れは、高圧洗浄で落とすことができます。しかし、付着した汚れが水洗いでは落ちない場合には、バイオ洗浄を行います。薬品を使用するので、カビや苔・藻などをしっかり死滅させて汚れを落とすことができます。高圧洗浄後は、しっかりと乾燥させてから塗装に入ります。なので、高圧洗浄と外壁塗装は別日と考えてください。

外壁塗装

パーフェクトサーフ 下塗り

 塗料が付着してはまずい窓や扉をビニールで覆い、塗装に取り掛かります。外壁の塗装にはパーフェクトトップを使用する為、下塗り材もパーフェクトシリーズで揃えます。今回のように窯業系サイディング外壁の場合には、パーフェクトサーフが適しています。きめが細かい為、上塗りの吸い込みが少なく、美しい仕上がりになります。

パーフェクトトップ ND-104

パーフェクトトップ ND-104で外壁塗装 中塗り

 下塗り後、パーフェクトトップ(ND-104)で中塗り・上塗りの順に塗装していきます。ラジカル制御技術により、チョーキング現象の原因となる「ラジカル」の発生を抑制します。チョーキング現象とは、塗料の色成分である顔料が、紫外線や雨などの影響で粉状になって現れる現象です。ラジカル制御塗料であるパーフェクトトップは、チョーキング現象を抑制し、色褪せしにくい外壁に仕上げることが可能なのです。

ケレン・錆止め

鉄部 ケレン

錆止め塗料を塗布

 鉄部には塗料が付着しにくい為、ケレン・錆止めなどの作業が必要です。ケレンとは、ヤスリを使用して汚れや錆び、旧塗膜を落とす作業になります。ケレンで下地を整え、錆止め塗料を塗布していきます。1液ハイポンファインデクロの赤さび色を使用しました。速乾タイプなので、工期の短縮も期待できます。

付帯部塗装

ファインSi ND-375

ファインSi ND-375で庇の塗装

 錆び止め塗料が乾燥しましたら、上から塗装をしていきます。付帯部の塗装には、ファインSiを使用しました。様々な下地や主材の上から塗装ができますので、付帯部の塗装にも、うってつけの塗料です。ND-375は落ち着いたグレーになります。

外壁塗装が竣工

外壁塗装後の3階建

 外壁塗装後の外観写真がこちらです。汚れが無くなり、新築のような美観が蘇りました。今回、外壁の塗装に使用した色は、ND-104になります。やさしい印象に仕上がりました。工事後、お客様より「見違えるほど綺麗になってよかったです」と嬉しいお言葉も頂きました。
 現在、私たち街の外壁塗装やさんでは、コロナウィルス対策を実施しております。詳しい内容につきましては「新型コロナウィルス対策について」をご覧ください。

人気のブログ一覧

2020年5月31日  長生郡一宮「陸屋根防水」劣化が気になる

    陸屋根防水不具合 ...続きを読む

木更津市請西東の築20年が経過、2回目の外壁塗装工事をご検討

2020年5月16日  木更津市江川で台風の影響「外壁が破損」復旧工事

    貸倉庫の外壁の破損 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る