施工事例

小金井市桜町にてバルコニーのメンテナンスでFRPトップコートの塗替えを行いました

 小金井市桜町にお住まいのお客様です。普段、バルコニーには人工芝を敷いているため、床の汚れを気にされたことはあまりなかったそうです。バルコニーのお手入れをするのは、今回が初めてとの事です。ベランダやバルコニーは、定期的にメンテナンスを行わなければ、雨漏りのリスクが高まってしまいます。住宅の中でも、特に雨漏りが発生しやすい場所なんです。ベランダやバルコニーに関して、少しでもご不安なことがありましたら、私たち街の外壁塗装やさんに一度、ご相談ください。

ビフォーアフター

before
バルコニー トップコートでメンテナンスを行う前

arow
arow
after
バルコニー トップコートでメンテナンスを行った後

工事基本情報

施工内容
防水工事 

使用材料
タフシールトップ#1000

築年数
12年


施工期間
3日

保証年数
お付けしておりません


点検の様子

バルコニー トップコートでメンテナンスを行う前

汚れが目立つバルコニー床

 お問い合わせ時におっしゃっていたように、バルコニーには人工芝が敷かれていました。簡単なお手入れで、見た目や質感も楽しめる人工芝を敷きたいとお考えの方も、非常にたくさんいらっしゃると思います。しかし、水分を溜めやすく、カビが生えることもありますので、水はけがいいものを選びましょう。
 人工芝が敷いてある為、床の汚れはあまり目立ちませんが、排水溝付近を見てみると、部分的に黒ずんでしまっているのが分かります。ベランダの黒ずみは、防水層を保護しているトップコートが劣化しているサインです。トップコートの塗替えを行いましょう。

目粗し・アセトン拭き

研磨・目粗し

アセトン拭き

 洗浄後、目粗しを行っていきます。目粗しとは、ツルツルな表面をヤスリなどで磨くことによって、ザラザラにする作業です。塗装を施した際に、塗料が剥がれにくくなります。その後、表面をアセトンで拭いていきます。アセトンは、有機溶剤の一種です。油脂を溶かす性質がありますので、既存のFRP表面の油膜を拭き取ることができます。

FRPトップコートの塗替え

バルコニー トップコート塗替え

バルコニー トップコート塗替え

 プライマー(下塗り材)を塗布後、上からトップコートで塗装します。塗膜にしっかりとした厚みを出すために、トップコートは2回塗ります。トップコートには、日本特殊塗料株式会社が製造・販売しているタフシールトップ#1000を使用しました。優れた耐久性があり、断熱性・遮熱性能も備わったFRP防水材です。雨で滑るのを防ぎたい方には、骨材入りがお薦めです。骨材という砂状の粒が塗料に含まれていますので、ザラザラした仕上がりになり、防滑効果を発揮します。

防水工事が竣工

トップコートで塗替え後

 トップコートの塗替えを行い、汚れを解消することができました。お客様からも、「綺麗にしていただき、ありがとうございます!」と嬉しいお言葉をいただきました。美観を維持させる為にも、定期的に点検・メンテナンスを行っていきましょう。防水工事に関するご質問やご相談がありましたら、お気軽にご相談ください。
 現在でも、コロナウィルス流行は続いております。感染者人数は減り、自粛ムードもだいぶ緩和されたように感じます。その反面、第2波が来るのではないかという声も耳にします。私たち街の外壁塗装やさんでは、引き続きコロナウィルス対策を実施しています。詳しい内容は、新型コロナウィルス対策についてをご覧ください。

人気のブログ一覧

2020年5月31日  長生郡一宮「陸屋根防水」劣化が気になる

    陸屋根防水不具合 ...続きを読む

木更津市請西東の築20年が経過、2回目の外壁塗装工事をご検討

2020年5月16日  木更津市江川で台風の影響「外壁が破損」復旧工事

    貸倉庫の外壁の破損 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る