施工事例

調布市若葉町にて遮熱性塗料のサーモアイ4Fで屋根塗装工事

 調布市若葉町のお客様より屋根の塗装メンテナンスを検討しているとのお問い合わせをいただき、調査にお伺いいたしました。お客様のお住まいは今年で築16年目という事で、最近屋根の汚れも目につくようになり、そろそろ塗装の塗り直しを考えている、との事でした。他にも屋根の下の部分、軒天のボードも汚れが目立つようになり、きれいにしたいとの事です。今の状態で補修が必要なのかどうかも含めて、点検してほしいとのお話でした。

ビフォーアフター

before
施工前

arow
arow
after
施工後

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 

使用材料
サーモアイ4F

築年数
16年


施工期間
10日間

保証年数
10年

点検の様子

塗膜が劣化したスレート

塗膜が劣化したスレート

 実際に屋根に上って確認します。使用している屋根材は化粧スレートです。築16年との事で塗膜がすでに劣化し始めているようで、全体的に色褪せた印象を受けます。ですが苔や藻の繁殖はまだ多くなく、遠目にはまだ比較的きれいな状態を保っているようです。しかし日中は日の当たらない北側の面を見てみますと、全体的にうっすらと苔が繁殖しはじめているのがわかります。
 化粧スレートは、元々セメントと水と繊維質で形成された屋根材ですので防水性もなく、紫外線に対する耐性も弱いです。屋根専門の塗料を塗布することによって防水性を補っています。その塗膜は環境にもよりますがだいたい10年前後で劣化します。今回のお客様の場合すでに15年経過していますので、塗膜が劣化して防水機能を失った状態といえます。このタイミングで高圧洗浄を行い、塗装し直せばスレート材もまだまだ長持ちするでしょう。

釘の浮き

 全体的には比較的良好な状態を保っていますが、一部でクラックが入っている個所がございました。素材の劣化からくるクラックではないですので、シーリングで補修すれば大丈夫でしょう。また棟板金を見てみますと、強風に煽られたのか、わずかに浮いた釘が確認できました。棟板金自体は、4年ほど前に強風で外れかかってしまい、その時に交換されたそうで、棟板金自体の状態は悪くないようです。
 調査の結果、屋根と付帯部分の塗装工事とスレートの亀裂の補修工事を承りました。

スレート屋根の塗装工事

 まずは安全のため家を覆うように周りに足場を設置し養生を行います。
最初に高圧洗浄を行います。屋根の汚れやカビ、苔などをきれいに洗い落としていきます。高圧洗浄を行いますと表面の汚れだけでなくこびりついたカビや苔、さらには古い塗膜も削ぎ落していきます。ただあまり水圧が強すぎると屋根材を傷めてしまいますので、洗浄する場所に合わせて水圧を調整を行いながら洗浄していきます。

シーリングを使用して補修

 綺麗にし終えたら屋根の補修にかかります。亀裂に沿ってシーリングを塗布し、亀裂内に注入していきます。亀裂全体に注入し終えたらコテで表面を平らにならします。

下塗り塗装

屋根全体を塗る

補修を終えましたら、次はいよいよ塗装に移ります。
 塗装は下塗り専用塗料を使用した下塗りと、仕上げ塗料を使用した中塗り、上塗りの合計3回塗装いたします。下塗りはスレート表面と仕上げ用の塗料との密着性を高める為、下塗り専用の塗料を使用します。
 まずは下塗りを行います。今回使用する塗料は日本ペイントのサーモアイシーラーです。遮熱性の非常に高い下塗り用塗料です。スポンジタイプのローラーで斑なく塗っていきます。色は仕上げ用カラーにかかわらず白になります。

タスペーサ設置

 下塗りを終えた段階でタスペーサーを設置していきます。タスペーサーというのはスレート材とスレート材の間に差し込む具材で、スレート材の間にあえてと隙間を作り、屋根材の下に入ってしまった雨水を排出する「逃げ道」を作る役割を担います。こうすることで下地へ雨漏りするのを防ぎます。

サーモアイ4Fで中塗り塗装

仕上げ塗装

 下塗り塗料が十分に乾いたら仕上げ塗装にかかります。今回使用しているのは日本ペイントのサーモアイ4Fです。カラーはクールナポリブラウンです。サーモアイ4Fは非常に高い遮熱性が特徴で、耐久性、耐候性に優れています。仕上げ塗装は中塗り、上塗りの2回重ねて塗ります。一度だけの塗装では塗り斑が起こる可能性もあり、塗膜が薄くなって耐久性も落ちてしまいすぐに剥がれてしまいますので、きちんと乾燥させて重ね塗りを行い、塗膜に厚みを持たせるることで塗料が持つ本来の性能を発揮しますので、しっかりと塗装をおこないます。
 やや毛足の長いローラーを使用し、白い下地塗料を覆うように隅々まで丁寧に塗っていきます。
 棟板金も同じ塗料で塗っていきます。一度乾燥させて、再度同じ塗料で塗っていきます。二度目の仕上げ塗装を行い、塗装工事の完了となります。塗膜に充分厚みが出て光沢が増し、とてもきれいに生まれ変わりました。

 付帯部分も塗っていきます。使用する塗料はケンエースG2です。洗浄を行った後、ホワイトで軒天をローラで丁寧に塗っていきます。同様に破風板、鼻隠しも塗っていきます。風が当たり傷みやすい部分ですので丁寧に2度塗りしていきます。

塗装完了

塗装工事竣工

 これで屋根・付帯部分の塗装工事、およびスレートの補修工事が完了いたしました。最後に複数スタッフにより最終確認を行い、塗装後の塗り残しや色ムラなどをチェック・補修し、工事完了となります。
 最後はお客様にご確認いただき、工事竣工となります。

屋根塗装工事、竣工

塗装工事竣工

 とても艶やかで美しく仕上がりお客様も大変ご満足いただけました。やはり10年から15年で定期的にメンテナンスを行いますと、屋根や外壁の劣化を最小限に抑える事ができ、最終的にはリーズナブルにお住まいを維持することができます。お住まいの点検・メンテナンスは、私達街の外壁塗装やさんに一度ご相談ください。

人気のブログ一覧

2020年5月31日  長生郡一宮「陸屋根防水」劣化が気になる

    陸屋根防水不具合  長生郡一ノ宮町にお住まいのお客様は屋根が陸屋根になっている、3階建ての店舗兼住宅にお住まいになっていました。一階に店舗を貸し付けている事から、雨漏れなどが絶対に発生させられないとの事で、幾度か色々な場所のメンテナンスをして来たそうですが、屋上の防水が風船のように膨れ上がってきたり、ひび割れなどが発生してしまう事で、今後どのようにして良い物か、お悩みになっていました。 現地調査 ...続きを読む

長生郡一宮「陸屋根防水」劣化が気になる

2020年5月20日  木更津市請西東の築20年が経過、2回目の外壁塗装工事をご検討

    【外壁・付帯部の調査】  木更津市請西東にお住まいのお客様より「築20年が経ち、2回目の外壁塗装を考えている」と、お問い合わせをいただき外壁の事前調査にお伺いさせていただきました。壁の汚れが気になり始めた事が外壁塗装をご検討するきっかけとなりました。現在、新型コロナウィルスの対応として対面でのお話しを控えさせていただいておりますので、ご希望などをお電話で事前にお伺いさせていただきました。 ...続きを読む

木更津市請西東の築20年が経過、2回目の外壁塗装工事をご検討

2020年5月16日  木更津市江川で台風の影響「外壁が破損」復旧工事

    貸倉庫の外壁の破損  木更津市江川で大きな貸倉庫を所有しているお客様より、外壁の一部分が破損してしまったので、至急復旧工事をしてもらいたいとの事で、私達、街の屋根やさんにお問い合わせを頂きました。建物は大きな鉄骨造に金属外壁を設置してある大きな貸倉庫として使用されている物で、破損してしまっているものは、明かり窓として設置してある、FRPで出来ている、明かり窓でした。 工事風景 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る