施工事例

目黒区八雲にて、築20年のお住まいをパーフェクトトップND-281による外壁塗装で大きくイメージチェンジ!

 「築20年目になり、外壁の汚れが気になりだしたので、そろそろ塗装メンテナンスをしたいと思うのですが」
 目黒区八雲にお住まいのお客様より、こうした外壁メンテナンスについてご相談を承りました。窯業サイディングを採用した外壁ですが、経年劣化による傷みが気になるとの事で、この機会に違う色に塗り替えたい、との事でした。他にも劣化して補修が必要な個所があればこの機会に直しておきたい、との事でした。調査の結果、シーリングの劣化が進行しており、外壁塗装工事の他にシーリングの打ち替え工事をご提案いたしました。

ビフォーアフター

before
施工前

arow
arow
after
施工後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 シーリング打ち替え 

使用材料
パーフェクトトップ ND-281

築年数
築20年


施工期間
10日間

保証年数
10年

外壁の点検調査

北側外壁に藻が繁殖

 塗装工事前の点検を行います。今回のお客様の外壁は窯業サイディングを採用しています。古いレンガ調のデザインでまとめており洋風でありながら非常に落ち着いた雰囲気のあるお住まいです。築20年で、今まで一度も塗装メンテナンスを行っていなかったとの事ですが、表から見た限りでは目立った汚れや傷みは確認されず、きれいな外観を保っているようです。しかし日の当たりにくい裏側や建物との間の壁面を見てみますと、緑色に変色して見える場所がありました。これは表面に藻などが繁殖している状態で、塗膜が劣化して繁殖してしまったようです。窯業サイディング自体には防水性や抗菌効果があるわけではありません、塗装を施すことによって防水性や防藻性を補う事ができます。その塗膜が劣化してしまうとカビや藻、苔などが繁殖してきてしまいます。

シーリングの劣化具合

シーリングが劣化してます

 窯業サイディングの目地に充填しているシーリングも同様に硬化しており、全体的に細かいひび割れが入った状態です。ひどい箇所ですと、ボロボロと剥離してきており、サイディングボードとの間に隙間ができています。隙間から雨水が浸入し下地材を傷めてしまう恐れもありますので、この機会にすべて打ち替えたほうがいいでしょう。
 点検の結果、今回は外壁の高圧洗浄と塗装工事、シーリングの打ち替え工事を承りました。

外壁塗装工事の様子

足場架設

 まずは安全のために足場を架設し、外壁の塗装工事は全体を塗装するためどうしても足場架設が必要です。足場架設の後、お住まい全体に養生をしていきます。周辺にゴミなどを散らかさないためと、万が一施工中に工具が落下しても外に落ちないよう安全のためでもあります。

高圧洗浄でキレイに

 まずは塗装を行う前に、高圧洗浄をかけていきます。これにより表面に付着している汚れやカビ、藻や苔などを洗い流す事ができます。今回のサイディングは細かい凹凸があるので、吹き付ける角度を変えながら洗い落としていきます。

古いシーリングの撤去

プライマー塗布

 洗浄が終わりましたら、シーリングの打ち替え工事を行います。最初に劣化したシーリングを除去していきます。カッターで切り離しながら引っ張り出していきます。乾いても硬質のゴムのように伸びる素材なのですが劣化が激しいところはボロボロと崩れてしまいますので、ペンチなど使用して根気強く丁寧に取り除いていきます。全て取り除いたらシーリングの溝の両側をマスキングしてサイディングボードを汚さないようにします。

 プライマーを溝の部分に刷毛を使用して塗布していきます。プライマーは下地材で、サイディングとシーリング材との接着力を高める効果があります。

シーリング注入

 プライマー塗布後、シーリングを充填していきます。充填したのち専用のヘラで押し込みながら表面を均していきます。この工程を丁寧に行わないと仕上がりが大きく左右しますので丁寧に行います。表面がある程度乾いてきた時点でマスキングを剥がします。

下塗り塗装

下塗りの外壁

 いよいよ外壁の塗装に移ります。今回使用する塗料は、下塗りにパーフェクトサーフ、仕上げ塗装にパーフェクトトップを使用します。パーフェクトトップは比較的お手頃な価格のわりに耐用年数も長く耐候性、対汚染性も高い人気の塗料です。
外壁に行う塗装工事は、基本的に3回行います。最初に下塗り専用塗料を使用した下塗り、仕上げ用塗料をしようした中塗りと、上塗り、計3回となります。
 まずは下塗り塗料のパーフェクトサーフから塗布していきます。この下塗り塗料というのはシーリング打ち替え工事に使用するプライマーと同じ役割で、外壁とこの後塗布する仕上げ塗料との密着性を高め長持ちさせる効果があります。また過度な吸い込みを抑える効果もあります。凹凸のある窯業サイディングの塗装には毛足の長いローラーを使用します。

 下塗り塗布完了後は、パーフェクトトップによる仕上げ塗装になります。色はND-281になります。仕上げ塗装は中塗りと上塗りの2回行うのが基本ですが、壁材の吸い込み具合によっては下塗りを2回行ったり仕上げを3回行う事もあります。色斑を抑え美しく仕上げるためには重ねる回数を増やすことがあります。
パーフェクトトップを使用して、まずは中塗りを行います。サイディングの広い面をローラーを使い手際よく塗っていきます。天戸や樋の周辺など入り組んだ複雑な作業はサイズの異なる刷毛を駆使して、丁寧に仕上げていきます。

仕上げ塗装

仕上げ塗装

 中塗り後、一度しっかりと乾燥させます。都度しっかりと乾燥させることにより、塗膜の厚みを付けていきます。塗膜は適量に調剤した塗料を適切な回数で塗り重ねていくことが大切です。中塗りの時よりも上塗り後の方が塗膜に厚みがつき、光沢が増しました。

外壁塗装工事、竣工

 塗装完了後、塗り残しがないか、または塗りムラ、汚れの付着などがないか複数名のスタッフで確認を行い、塗装工事の完了です。
 新築のように見違えるほど綺麗に仕上がりました。今後はアフターフォローとして、定期的に点検を行い、不具合が発覚する前にメンテナンスのご提案を行っていきます。外壁塗装の事でご相談がございましたら、ぜひ一度私達街の外壁塗装やさんにご相談ください。

人気のブログ一覧

2020年7月22日  パーフェクトトップND-250でカラーシミュレーション、浦安市海楽のお客様

     浦安市海楽のお客様よりカラーシミュレーションのご依頼をいただきました。外壁はパーフェクトトップ、屋根はファインパーフェクトベストで塗装をご検討中とのことで、カラーシミュレーションを作成させていただきました。いくつかご紹介させていただきますので、パーフェクトトップとファインパーフェクトベストをご検討中の方は、是非参考にしてみてください。 ブラウン、ベージュ系の色の外壁 屋根:ブラック外壁:ND-1 ...続きを読む

パーフェクトトップND-250でカラーシミュレーション、浦安市海楽のお客様

2020年7月21日  東金市極楽寺のお客様、パーフェクトトップでツートンカラーのシミュレーション

     東金市極楽寺のお客様邸のカラーシミュレーションをご紹介いたします。元々の外壁の色がブルー系で、今回お客様のご希望の色もブルー系でした。付帯部は、ND-010のホワイトです。 既存色に近いブルー系の色でシミュレーション シミュレーション前 外壁:72-60H  左がカラー ...続きを読む

東金市極楽寺のお客様、パーフェクトトップでツートンカラーのシミュレーション

2020年7月18日  市原市能満で足場を掛けているので、外壁塗装を検討

    住宅メンテナンス  市原市能満にお住まいのお客様は、昨年の台風の影響で屋根に被害が出ており修理をしなくてはいけない状態になってしまいました。修理をすることにあたり、外周に仮設足場工事を設置することになりましたが、考えてみると築年数を考えると約20年近くになり、いずれ来るであろう、外壁塗装メンテナンスをしなくてはいけないとお考えになりました。 外壁の劣化 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る