施工事例

国分寺市戸倉にてスレート屋根の塗装工事、ファインパーフェクトベスト(マルーン)による塗装でメンテナンス

 国分寺市戸倉のお客様からのご相談で、昨年の台風の影響により屋根の一部が外れそうになっているみたいなので、点検・修理をお願いしたい、とのご依頼を承りました。昨年の台風のあった後から、強風が吹くたびに屋根からカタカタと音がするとの事です。今のところ雨漏りなどの症状は出ていないとの事でしたが、いつ雨漏りをするかわからない状況でとても不安なので修理をお願いしたい、との事でした。もし他にも屋根に関してもしほかにも不具合があれば、この機会に直したいとの事でしたので、屋根全体の調査を行いました。

ビフォーアフター

before
施工前

arow
arow
after
施工後

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 

使用材料
ファインパーフェクトベスト マルーン

築年数
15年


施工期間
7日間

保証年数
10年

屋根点検の様子

劣化した棟板金

釘の浮き

 お客様のお住まいは今年で築15年目になるそうですが、屋根のメンテナンスは今回が初めてとの事です。実際に屋根に上って状況を確認いたします。屋根の一部からカタカタと音がする、とのことですが、どうやら棟板金の事のようです。大棟の板金の釘が数か所で抜けてしまっていて、残った釘も半分ほど浮いてしまっている状態です。手で触ると確かにグラグラと揺れてしまう状態ですので、風に吹かれればカタカタと鳴ってしまうような状態でした。すでに塗膜も劣化しあちらこちらと錆が出てきてしまっているような状態ですので、今回はすべての棟板金の交換工事をおすすめします。

スレートと棟板金

苔が繁殖

 屋根自体の方も見てみます。お客様の屋根には化粧スレートが使用されていますが、15年経過しているだけあって、棟板金と同様、化粧スレート表面の塗膜もすっかり劣化してしまい、艶もなく色褪せた印象を受けます。全体的にスレート素地が見えて灰色に見えますが、ところどころ苔が繁殖して茶色に変色しているようにも見えます。特に北側の屋根の、アンテナ付近はおびただしい苔が繁殖してしまっています。
 また、ひび割れが一部で確認されました。塗膜がすっかり劣化してしまったせいで防水性を失い、雨水の吸収と乾燥を繰り返すうちにスレートが劣化し、割れてしまったようです。スレートのひび割れの補修と塗装工事をおすすめいたしました。

棟板金交換工事

古い貫板の撤去

新しい貫板の設置

 安全のために足場仮設と養生を済ませますと、屋根塗装に入る前にまず棟板金の撤去を行います。外れかかった板金はもちろん全ての板金を貫板を含めて撤去していきます。撤去後、新しい貫板を設置します。貫板はステンレス製ビスで固定していきます。

新しい板金の設置

設置後

 その上からガルバリウム鋼板製の棟板金を設置していきます。棟板金の固定は横からビスを打ち込み貫板に固定していきます。天辺から打ち込みますと、釘穴から錆びてしまうため、打ち込みは板金の横から打ち込みます。軒に近い降り棟から固定していき、最後に天辺の大棟に棟板金を設置します。そして棟板金の合わせ目をコーキングで塞いで棟板金交換工事の完了です。

スレート屋根の塗装工事

ひび割れの補修

 続いて屋根塗装工事に入ります。塗装する前に高圧洗浄を行います。棟板金交換の時に出たほこりも含めて洗い流していきます。同時に屋根についた苔や古い塗膜も落としていきます。これだけでもかなりきれいになりますが、防水機能も完全に失ってしまいますので、塗装を行って補います。

 塗装を行う前に、スレートのひび割れを直していきます。シーリングでひび割れを補修します。ひび割れの個所に注入にして表面を均していきます。

下塗り塗装

今回使用します塗料は、下地塗料が1液ベストシーラー透明、仕上げ塗料がファインパーフェクトベストとなります。非常に高い耐候性、防藻性があり、長期にわたり大切な屋根を守ることができます。塗装は下地塗りと、中塗り、上塗りの三工程で行います。一回一回しっかりと乾燥させて塗膜に厚みを付けていきます。
まずは下地塗からです。下地塗りの役割は、仕上げに塗る塗料と屋根材との密着性を高める目的があります。塗り残しがないよう、丁寧にローラーと刷毛を使用して塗っていきます。

タスペーサ設置

 下塗りを終えて十分に乾燥させた後、2回目の塗装を行う前に、タスペーサーを設置いたします。タスペーサーはスレート材とスレート材の間に差し込む小さな器具で、わざとスレート材との間に隙間を作り、内部に浸入した雨水の逃げ道を確保します。こうすることにより雨水が屋根の下地材へ浸入するのを防ぐ効果があります。

中塗り塗装

仕上げ塗装

 タスペーサーを設置し終えますと、いよいよ仕上げ塗装です。
 ファインパーフェクトベストを中塗り、上塗りと2回塗っていきます。使用する色はマルーンです。それぞれきちんと乾燥させてから次の工程に移ります。今回は勾配がきつくなかったので屋根に塗装用の足場を設置しませんでしたが、その分慎重に作業を進めていきます。

仕上げ塗装

 吸水性のいいスポンジローラーを使用して一枚一枚丁寧に塗っていきます。重ね塗りしていくことで塗膜も厚みを増し、メーカーが期待する耐候性、防藻性といった機能も発揮きます。同時に、見た目にも艶やかな屋根へと生まれ変わっていきます。
 棟板金も併せて塗装し、完工になります。

スレート屋根の塗装工事、竣工

 今回、きっかけは台風による棟板金の破損でしたが、そのおかげで屋根の現状を点検することができ、正確な状態を把握することができました。やはり普段目にすることがなかなかできない屋根ですので、日頃の点検が大切です。屋根、外壁のことなら私達街の外壁塗装やさんにお声がけください。

人気のブログ一覧

2020年7月22日  パーフェクトトップND-250でカラーシミュレーション、浦安市海楽のお客様

     浦安市海楽のお客様よりカラーシミュレーションのご依頼をいただきました。外壁はパーフェクトトップ、屋根はファインパーフェクトベストで塗装をご検討中とのことで、カラーシミュレーションを作成させていただきました。いくつかご紹介させていただきますので、パーフェクトトップとファインパーフェクトベストをご検討中の方は、是非参考にしてみてください。 ブラウン、ベージュ系の色の外壁 屋根:ブラック外壁:ND-1 ...続きを読む

パーフェクトトップND-250でカラーシミュレーション、浦安市海楽のお客様

2020年7月21日  東金市極楽寺のお客様、パーフェクトトップでツートンカラーのシミュレーション

     東金市極楽寺のお客様邸のカラーシミュレーションをご紹介いたします。元々の外壁の色がブルー系で、今回お客様のご希望の色もブルー系でした。付帯部は、ND-010のホワイトです。 既存色に近いブルー系の色でシミュレーション シミュレーション前 外壁:72-60H  左がカラー ...続きを読む

東金市極楽寺のお客様、パーフェクトトップでツートンカラーのシミュレーション

2020年7月18日  市原市能満で足場を掛けているので、外壁塗装を検討

    住宅メンテナンス  市原市能満にお住まいのお客様は、昨年の台風の影響で屋根に被害が出ており修理をしなくてはいけない状態になってしまいました。修理をすることにあたり、外周に仮設足場工事を設置することになりましたが、考えてみると築年数を考えると約20年近くになり、いずれ来るであろう、外壁塗装メンテナンスをしなくてはいけないとお考えになりました。 外壁の劣化 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る