施工事例

名古屋市北区にて外壁塗装と防水工事、店舗内装工事のO様

建物の経年劣化と雨漏り

ビフォーアフター

before
外壁塗装施工前

arow
arow
after
外壁塗装施工後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 室内塗装 防水工事 シーリング打ち替え 

使用材料
水性セラミシリコン

築年数
30年


施工期間
約1カ月

階段施工前

長尺シート施工後

左:施工前 右:施工後

階段はサイディング部分は外壁ALCと同じエスケー化研の水性セラミシリコンで仕上げ、金属サイディングの部分と鉄部は日本ペイントのファインパーフェクトトップで仕上げました。階段の床には、平場は長尺シートを張り、他の部分にはウレタン塗膜防水を行いました。

廊下施工前

長尺シート施工後

左:施工前 右:施工後

廊下も階段と同じく長尺シート使用して仕上げました。縁の部分の立上り部や排水溝の部分はウレタン塗膜防水で仕上げました。

ALCの目地のシーリング

ALC目地シーリング

シーリングプライマー

ウレタンノンブリード

シーリング均し

ウレタンシーリング

ALC目地のシーリングの施工方法は、既設シーリングを撤去せず上から施工する増し打ちで施工します。増し打ちの注意事項としては、新しく打つシーリングの厚みがしっかりと確保できるかによります。今回の現場は大丈夫でしたが、厚みが取れないとシーリングの意味がなくなるので、その場合は古いシーリングをある程度撤去して打ち替えを行うか、シーリングの上に防水塗膜を設ける工法になります。

シーリングの手順として、まずシーリングにあった専用のプライマーを塗ります。そして、規定のオープンタイム(乾燥時間)を取ってからシーリングを打っていきます。へらなどの道具を使用して均等に均して完了です。ALCの場合は、仕上げの塗料によって両サイドにマスキングテープを貼る場合もあります。

サッシ水切りのシーリング

サッシシーリング

シーリング撤去

シーリングプライマー

シーリング打設

シーリング施工後

サッシの水切り部のシーリング打ち替えです。当店では外壁塗装の場合この部分も打ち替えを行います。施工方法は外壁と同じですが、必ず古いシーリングを撤去します。それからマスキングテープを貼ってからシーリングを打ってから、均等に均し、マスキングテープを取って完成です。ここで使用するシーリング材は変性シリコンを使用します。

人気のブログ一覧

2018年2月23日  屋根塗装はブラウン!軒天塗装の色は外壁色に合わせて水性ケンエースで塗装

    本日は富里市にお住いのお客様宅の屋根塗装と軒天塗装が完工いたしましたのでbefore・after形式でご覧いただきたいと思います。当初お問い合わせを頂いた際、軒天と破風板補修をご希望とのことでした。お家の調査をさせていただいた結果、屋根塗装も行うことになりました。 屋根塗装前 ...続きを読む

屋根塗装はブラウン!軒天塗装の色は外壁色に合わせて水性ケンエースで塗装

2018年2月21日  横浜市神奈川区|屋根塗装前にサーモアイSiでカラーシミュレーション

    今日は横浜市神奈川区のお客様より、屋根塗装の見積依頼をいただきました。屋根塗装の前にご希望のカラーをお教えいただき、カラーシミュレーションを作成いたしましたのでまずはご覧くださいませ。 サーモアイで屋根のカラーシミュレーション ...続きを読む

2018年2月21日  葛飾区|錆が発生しているアパートの外階段の塗装

    塗膜が剥がれると水分の影響で錆が発生する 本日ご紹介いたしますのは葛飾区で行ったアパートの塗装の様子です。 長年メンテナンスをしていないことで錆の発生が目立っている状態です。今のところ強度的には大丈夫ですが、この状態が長く続けば腐食が進んでしまうでしょう。 そもそも錆が発生するのは鉄部が空気にさらされていることと、水分の影響によるものです。塗装をすることでそれらの問題 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る