施工事例

多治見市でスレート屋根を塗り替えてピカピカの屋根になりました。

よくチラシを見ていて、電話しました。屋根だけでも工事してくれるということだったし、外壁も!というセールス感もなく、お願いしました。

ビフォーアフター

before
多治見市屋根塗り替え前

arow
arow
after
多治見市屋根塗り替え後

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 


多治見市でスレート屋根を塗り替えてピカピカの屋根になりました。使った塗料は、アステックペイントのシリコンフレックスJYです。付着した汚れも雨で流れやすくしてくれる塗料です。屋根の上塗り材として使っていますが、外壁にも使える塗料です。では、ご紹介していきます。

多治見市スレート屋根ケレン作業

屋根のケレン作業をしています。高圧洗浄でも落ちなかった古い塗膜を落としています。古い塗膜が残った状態では、新しい塗膜の持ちが弱くなってしまうからです。

多治見市屋根板金コーキング

屋根の棟の板金の重なっているところのコーキングにヒビが入っていました。雨水が入ってはいけないので、コーキングを打って補修します。

多治見市屋根板金釘

屋根の棟の板金を止める釘が浮き出てきていました。金づちを使い、打ち込みます。

多治見市スレート屋根瓦ヒビ

スレート瓦にひびが入っていました。これも雨漏りにつながってしまうので、コーキングを打って補修します。なかなか見えない屋根は怖いですね。

多治見市スレート屋根下塗り

屋根の下塗りをしています。日本ペイントのシーラーを塗っています。シーラーは、屋根材と上塗り材の密着を良くしてくれる塗料です。

多治見市スレート屋根下塗り2回目

こちらも下塗りをしています。2回目の下塗りです。瓦自体が傷んでいる状態で、下塗り材を吸い込み、そのまま上塗り材を塗ると上塗り材を吸ってしまうからです。上塗り材を吸い込んでしまうと仕上がりにムラができたりします。

多治見市スレート屋根タスペーサー

スレート瓦と瓦の間にタスペーサーを入れています。これは、縁切りという物です。強い雨が降ったときに瓦の隙間から雨が入っても雨の逃げ道ができるので、雨水が泣かぬ浸透してしまう危険がなくなります。とても大切な作業です。

多治見市スレート屋根中塗り

屋根の中塗りをしています。これは、アステックペイントのシリコンフレックスJYです。一気に艶が増しました!

多治見市スレート屋根上塗り

屋根の上塗りをしています。下塗りを2回したことで、吸い込みが止まり、ムラも無く綺麗に仕上がりました。

多治見市スレート屋根シリコン塗装

屋根が完成しました。外壁をやることになりましたら、ぜひまた、お声かけ下さい。

人気のブログ一覧

2018年6月15日  夏に向けて遮熱塗料のサーモアイSiで屋根塗装はいかがですか?

    梅雨に入ったと思ったら立て続けに台風が接近しておりますが、皆様のお宅では備えはできておりますか?屋根の状態はどうですか?見えない場所だからこそしかるべき時期がきましたら屋根点検をし、必要なメンテナンスを行うようにしましょう!さて今日は屋根塗装の塗料で人気のサーモアイSiで屋根塗装をしたお客様宅をご紹介いたします。サーモアイシリーズは色も鮮やかで種類も豊富にございますので、外壁の色に合わせてお好みのカラーをお ...続きを読む

夏に向けて遮熱塗料のサーモアイSiで屋根塗装はいかがですか?

2018年6月14日  横浜市栄区|角度を変え2パターンで!ベランダツートンのカラーシミュレーション

    横浜市栄区のお客様宅の外壁塗装のカラーシミュレーションになります。角度を変えて2パターンシミュレーションになります。ポイントはベランダと縦に入るラインの色でしょうか。どんなイメージ仕上がっているか見てみましょう! 角度を変えて見る2パターンのカラーシミュレーション ...続きを読む

横浜市栄区|角度を変え2パターンで!ベランダツートンのカラーシミュレーション

2018年6月13日  外壁の色、水色で塗装されたお客様の家集めてみました!

    本日のブログは、水色で外壁塗装をしたお客様宅を集めてみました!皆様は水色と聞いて連想するものは何ですか?海、空、プール、夏、かき氷、涼しい、寒い、ひんやり、爽やか、と言うように、これから夏に向けてのちょうどこの時期に好まれる色でもあるようです。気持ちをクールダウンさせる鎮静作用もある水色で外壁塗装をしたお家を見てみましょう! ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る