施工事例

屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております 屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております

 大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

大きなブロック塀の塗装です。春日井市高蔵寺町!

お電話を頂きました。懐かしいお声です。

ブロック塀が、大分、色落ちしてきたので塗ってくださいと!ありがとうございます。

早速、塗り替えです。

ビフォーアフター

before
小竹邸、施行前の写真

arow
arow
after
小竹邸、施行後の写真

工事基本情報

施工内容
塀・擁壁塗装 

使用材料
水性シリコン塗料

築年数
30年


施工期間
1週間

保証年数
5年

コーキングの補修

春日井市高蔵寺町で、ブロック塀を塗り替えます。

ブロック塀は年がら年中、雨ざらしです。

ブロック塀の天板からも、雨が染みています。

その雨の通り道を塞がないといけません。

亀裂や、クラックなどをコーキングにて補修、処理します。

下塗りの塗装です。

特に天板はブロック塀を守る命と言っても過言ではありません。

天板は、ブロック塀の厚みより、少し広く、厚く作ってあります。

雨が降ってきたときに、雨がブロック塀を流れないように、その天板で切れるように作られています。

ですから、ブロック塀の天板は重要です。

ここの補修をしっかりとやります。

春日井市高蔵寺町で、ブロック塀の塗装を行っています。

こういった飾り窓の内側も、しっかりと塗装します。

特に、入隅は、塗料が薄くなりがちです。

気を付けましょう。

中塗り、上塗りを行っています。

色目も前回と違う色目を採用されました。

イメージも一新です。良い感じです。

 

塗装後の補修作業です。

シーラー塗布

タッチアップを行い補修を行います。

使用する塗料です

使用している塗料缶です。

日本ペイントの水性シリコン浸透シーラーです。下塗り材です。

上塗りは、やはり、日本ペイントの水性シリコンセラUVです。

長い間、日本ペイントを代表する塗料です。

下塗り材も上塗り材も湿気の浸透性が高く、中に入った水も、外に吐き出す力(塗膜が湿気を通しやすい)が高いです。

家と違い、雨ざらしになります。気を付けましょう。

シリコンセラUV2回目

タッチアップ後、完成です。

お疲れさまでした。

こういったブロック塀は、どうしても、雨の道筋ができてしまっていることが多いです。

塗っても、また、同じ箇所から、雨水の侵入が起きりことが多々あります。

そのような場合は、天板を防水することをお勧めします。

人気のブログ一覧

2018年11月12日  千葉市稲毛区にて屋根塗装が終了、屋根の色はサーモアイSiのクールマルーン

    今日は千葉市稲毛区にお住いのお客様宅の屋根塗装が終わりましたのでご覧いただきたいと思います。屋根の色はどんな色にしたのか?合わせて見てみましょう! 縁切り作業!塗料を塗る前にタスペーサーを挿入します ...続きを読む

千葉市稲毛区にて屋根塗装が終了、屋根の色はサーモアイSiのクールマルーン

2018年11月9日  木更津市にてアパートの外壁塗装前にしっかり点検をし、カラーシミュレーションで塗装色の確認

    木更津市にあるアパートの外壁塗装前の点検時の様子と、カラーシミュレーションで塗装色の確認をしましたのでご覧いただきたいと思います。まずは状態を見てみましょう! 外壁塗装前のアパートの状態 ...続きを読む

木更津市にてアパートの外壁塗装前にしっかり点検をし、カラーシミュレーションで塗装色の確認

2018年11月8日  木更津市にて錆が目立っていた門扉の塗装が終わり美しく蘇りました

    先日木更津市にて門扉の塗装を行いました。お家に入る前に最初に目に飛び込んでくるアプローチ部分が門扉になります。門扉にも木製、アルミ製、鉄製とありますが、今回は鉄製の門扉塗装をしてまいりましたのでご覧ください。 ケレン掛けは美しく仕上げるための重要な工程 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る