施工事例

大きなブロック塀の塗装です。春日井市高蔵寺町!

お電話を頂きました。懐かしいお声です。

ブロック塀が、大分、色落ちしてきたので塗ってくださいと!ありがとうございます。

早速、塗り替えです。

ビフォーアフター

before
小竹邸、施行前の写真

arow
arow
after
小竹邸、施行後の写真

工事基本情報

施工内容
塀・擁壁塗装 

使用材料
水性シリコン塗料

築年数
30年


施工期間
1週間

保証年数
5年

コーキングの補修

春日井市高蔵寺町で、ブロック塀を塗り替えます。

ブロック塀は年がら年中、雨ざらしです。

ブロック塀の天板からも、雨が染みています。

その雨の通り道を塞がないといけません。

亀裂や、クラックなどをコーキングにて補修、処理します。

下塗りの塗装です。

特に天板はブロック塀を守る命と言っても過言ではありません。

天板は、ブロック塀の厚みより、少し広く、厚く作ってあります。

雨が降ってきたときに、雨がブロック塀を流れないように、その天板で切れるように作られています。

ですから、ブロック塀の天板は重要です。

ここの補修をしっかりとやります。

春日井市高蔵寺町で、ブロック塀の塗装を行っています。

こういった飾り窓の内側も、しっかりと塗装します。

特に、入隅は、塗料が薄くなりがちです。

気を付けましょう。

中塗り、上塗りを行っています。

色目も前回と違う色目を採用されました。

イメージも一新です。良い感じです。

 

塗装後の補修作業です。

シーラー塗布

タッチアップを行い補修を行います。

使用する塗料です

使用している塗料缶です。

日本ペイントの水性シリコン浸透シーラーです。下塗り材です。

上塗りは、やはり、日本ペイントの水性シリコンセラUVです。

長い間、日本ペイントを代表する塗料です。

下塗り材も上塗り材も湿気の浸透性が高く、中に入った水も、外に吐き出す力(塗膜が湿気を通しやすい)が高いです。

家と違い、雨ざらしになります。気を付けましょう。

シリコンセラUV2回目

タッチアップ後、完成です。

お疲れさまでした。

こういったブロック塀は、どうしても、雨の道筋ができてしまっていることが多いです。

塗っても、また、同じ箇所から、雨水の侵入が起きりことが多々あります。

そのような場合は、天板を防水することをお勧めします。

人気のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

2019年8月7日  柏市豊町で折半屋根を遮熱塗料のサーモアイSi・ベネチアブルーで塗装しました

    柏市豊町で施工している折半屋根の塗装を見ていただきたいと思います。鮮やかで美しいブルーに塗装をされた屋根をごらん頂きたいと思います。 折半屋根の塗装はサーモアイSiのクールベネチアブルーで ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る