施工事例

屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております 屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております

 大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

仕事部屋の折半屋根の塗装です。春日井市上野町!

当社のチラシを見て、お電話を頂きました。また、相見積りを取らずに、当社のみの、お見積りでした。ありがとうございます。また、即決でした。本当に、ありがとうございます。これは、頑張らないといけません。

ビフォーアフター

before
松本邸、施行前

arow
arow
after
松本邸、施行後

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 

使用材料
マックスシールド1500F(フッ素)

築年数
30年


施工期間
8日間

保証年数
8年

建坪
40坪

春日井市上野町で、屋根の塗装の見積り依頼です。ありがたいですね。早速、現場調査です。

現場を見て、お、これは、早くお手当してあげないと大変だよと思いました。

それぐらい、錆の進行が進んでいます。ちょっとやばいかも

 

ケレン作業です

錆落としです。ケレンとも言います。

本当は、この錆を綺麗に落とせれば一番良いのですが、そうはいきません。

この屋根材のガルバもそんなに厚くありません。

錆を落とす為に、屋根材に穴を開けてはいけません。

そのところは、感覚ですね。

折半屋根の下塗り

これは、笠木の塗装です。

まずは、錆止めを塗っています。

アステックペイントのサーモテックメタルプライマーです。

色は白い色です。

折半屋根の下塗り1回目

鉄は、頑丈です。

本当に鉄は頑丈ですね。

だけど、その頑丈な鉄も錆には勝てないんですね。

錆が発生したまま、そのままでいると、そのうちに穴が開いてしまいます。

こわいですね、錆は

折半屋根の下塗り2回目

錆止めの塗料は、完全に錆の進行を止めるのではなくて、進行を遅らせる役目を果たします。

錆びは、氷山と一緒で見える箇所の奥には、凄い沢山の錆が隠れています。

だから、気を付けないといけません。

折半屋根の中塗り

アステックペイントのサーモテックメタルプライマーですが、鉄、ガルバリウム鋼板、ステンレスなどに使えます。

施工する時には、錆、ゴミ、脂分等の付着物を完全に除去するとありますが、これって、結構、難しいですね。

今回の状況の場合も難しいですね。

折半屋根の上塗り

セッパンの屋根の下塗りが完了しました。

これで、錆の進行を抑えます。

折半屋根の塗装

錆止め、2回塗り、完了です。

流石に錆止めを2回も塗ると真っ白色になります。

人気のブログ一覧

2018年11月12日  千葉市稲毛区にて屋根塗装が終了、屋根の色はサーモアイSiのクールマルーン

    今日は千葉市稲毛区にお住いのお客様宅の屋根塗装が終わりましたのでご覧いただきたいと思います。屋根の色はどんな色にしたのか?合わせて見てみましょう! 縁切り作業!塗料を塗る前にタスペーサーを挿入します ...続きを読む

千葉市稲毛区にて屋根塗装が終了、屋根の色はサーモアイSiのクールマルーン

2018年11月9日  木更津市にてアパートの外壁塗装前にしっかり点検をし、カラーシミュレーションで塗装色の確認

    木更津市にあるアパートの外壁塗装前の点検時の様子と、カラーシミュレーションで塗装色の確認をしましたのでご覧いただきたいと思います。まずは状態を見てみましょう! 外壁塗装前のアパートの状態 ...続きを読む

木更津市にてアパートの外壁塗装前にしっかり点検をし、カラーシミュレーションで塗装色の確認

2018年11月8日  木更津市にて錆が目立っていた門扉の塗装が終わり美しく蘇りました

    先日木更津市にて門扉の塗装を行いました。お家に入る前に最初に目に飛び込んでくるアプローチ部分が門扉になります。門扉にも木製、アルミ製、鉄製とありますが、今回は鉄製の門扉塗装をしてまいりましたのでご覧ください。 ケレン掛けは美しく仕上げるための重要な工程 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る