施工事例

春日井市で屋根はフッ素、外壁は美壁革命のリファインにて施工です。

家のあちこちから、雨漏れがするということで、下見をさせて頂きました。亀裂が多くなってきていて、それを防ぐためにも、全体的に塗装をしましょうという流れになりました。

ビフォーアフター

before
草壁邸、施工前

arow
arow
after
草壁邸、施工後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 

使用材料
屋根はフッ素、外壁は美壁革命のリファインSI

築年数
38年


施工期間
18日間

保証年数
10年

建坪
43坪

足場の組み立て

足場が立ちました。

4面をシートでしっかりと囲んでいます。

回りの家にも迷惑が掛からないようにします。

そして、そのシートには、当社のイメージシートも掛けさせて頂きました。

下から、上がってくる車からは、良く見えます。

良い宣伝効果が期待されます。ありがとうございます。

バイオ洗浄と高圧水洗浄

まずは、高圧水洗浄にて屋根も外壁も付帯部分も綺麗にします。

普段、なかなか洗うことのできない所ばかりです。

車の洗浄みたいに、いつでも、簡単に洗車できれば良いのですが、そういうわけにはいきません。

20年に一度の人もいれば、10年に一度の人もいます。

それぐらい、その家にとっては、大きな出来事です。

ですから、洗浄するには、出来るだけ、綺麗に確実に汚れを落とさないといけません。

しっかりと洗いましょう。

その為にも、当社は、水洗いだけではなく、バイオ洗浄をも一緒に行います。

苔やカビ、藻などは、根っこがしっかりとこびりついていて、なかなか落ちにくいことがあります。

そういう時に、このバイオ液を噴霧することにより、汚れを落ちやすくします。

2重にも3重にも、気を使います。

屋根の洗浄

洗浄した後のスレート瓦の屋根です。

既設の色目はほとんど吹き飛んでいます。

それと、瓦も少し、反ってきている部分も見受けられます。

ちょうど良い時期だったのかもしれません。

屋根の勾配もそんなにありません。

使用する塗料缶です

屋根は、アステックペイントさんの、スーパー遮熱サーモFフッ素です。3セット用意してあります。

外壁は、同じくアステックペイントさんの、超低汚染リファインSIシリコンです。4セット用意してあります。

下塗り材は、屋根は、アステックペイントさんの、サーモテックシーラーです。3セット用意してあります。

外壁の下塗り材は、アステックペイントさんの、エポパワシーラーが2缶、フィラーが3缶用意してあります。

他には、軒天井専用の塗料のマルチエースⅡJYが1缶

付帯部分のマックスシールドSIシリーズが2セット、

防かび剤が2個、縁切り部材のタスペーサーが4箱、そして、オートンイクシードが3箱、用意してあります。

考えられる材料が全て用意してあります。

これらを使用して最高の塗装をお届けさせていただきます。

入隅のコーキング打ち

外壁の入隅部分のコーキングは、やはり弱くなっています。

こういう箇所にも、オートンイクシードを補強していきます。

亀裂の入っていた個所は、もちろん、サッシ回り、小庇の周り、ベランダ外部の亀裂、内部の亀裂

すべての亀裂の箇所を覆っていきます。

湿気の侵入は絶対に許しませんという気持ちで施工していきます。

ここで使用している、オートンイクシードは優秀なシーリング材です。

20年経過しても、その柔らかさを維持します。

シーリング材は、その柔らかさが命です。

硬くなっては、意味がありません。

柔らかさを維持してなんぼの物です。

そういう意味でも、このオートンイクシードは最高級のシーリング材です。

比較してみてください。

コーキングの増し打ち

サッシ回りには、結構、亀裂があります。

長い間に、家が揺れて、なかったところにも、新たに亀裂や隙間ができるのかもしれません。

そういう箇所も見逃さずに、シーリング材を施工します。

シーリングを施工した後は、上塗りを掛ければ見えなくなってしまいます。

ですから、尚更、一生懸命施工しないといけません。

見える外観での勝負ではなく、見えない箇所での勝負です。

それの違いが、今後に大きな差となって表れます。

養生です

養生が完了しました。

これは、2階のベランダ部分です。

大きな雨戸が一杯ならんでいます。

この雨戸にも塗料が付いては困ります。

この大きな雨戸もビニールで覆っていきます。

外壁の塗装が完了しましたら、このビニールを剥がします。

そうしますと、元の綺麗な雨戸が、顔を出します。

この雨戸以外にも、塗料が付いては困る箇所を、同じようにビニールで覆っていきます。

これが養生です。

最初の大事な仕事になります。

外壁の下塗り1回目

がいへきのモルタルに下塗りをローラーにて施工します。

長い間に外壁のモルタルも弱ってきています。

シーラーの吸い込みもある感じです。

外壁材を復活させるためにも、このシーラー塗りは大事です。

外壁材に艶が出るまで、塗らないといけません。

しっかりと塗っていきます。

モルタルの外壁材の凹みの箇所にも、オートンをうってあるのが分かります。

ここは、わざと凹ませています。

この部分に亀裂が入りやすくしています。

ですから、ほとんどの凹み部分には亀裂が入っていました。

外壁の下塗り2回目塗装

外壁の下塗りの2回目です。

2回目は、アステックペイントさんの、ホワイトフィラーを使用しています。

1回目は、透明のシーラーでしたが、2回目は、白色のフィラーを使います。

下地を整えていきます。

最後の上塗りを掛けるにも、下地が整っていないと、上塗りも綺麗には塗れません。

思っている以上に、下地を整えることは大事です。

軒天の塗装です

軒天井を塗ります。

軒天井は、湿気を持ちやすい箇所です。その為に、各メーカーさんも、独自の軒天井専用の塗料を開発しています。

アステックペイントさんでは、マルチエースⅡを発売しています。

その中で、当社はJYの弱溶剤系を使用しています。

密着も良し、湿気も通しやすい、より密着する塗料を選択しています。

人気のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

2019年8月7日  柏市豊町で折半屋根を遮熱塗料のサーモアイSi・ベネチアブルーで塗装しました

    柏市豊町で施工している折半屋根の塗装を見ていただきたいと思います。鮮やかで美しいブルーに塗装をされた屋根をごらん頂きたいと思います。 折半屋根の塗装はサーモアイSiのクールベネチアブルーで ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る