施工事例

土浦市|外壁のクラック補修&塗り替え。超低汚染リファインで住まいの綺麗と快適を両立!

モルタルの外壁にヒビがあるのとサイディングの目地の劣化が気になっていたところ、

弊社で施工された知人の方から「いいところがあるよ」と紹介され、弊社にご相談いただきました。

 

お立ち会いのもと現地調査に伺うと、無数のクラック(ヒビ割れ・亀裂)があり、外壁の目地(シーリング/コーキング)は痩せてヒビがはいっており、軒天には水が侵入した後がありました。

 

現地調査後は、現在の状況を報告書として冊子でまとめ、直接ご説明させていただきます。

複数プランをお持ちし、今回お客さまが選ばれたのは

・外壁補修、塗装

・シーリングの打ち替え

・その他付帯部の塗装

でした。日取りをご相談して、施工を始めていきます。

ビフォーアフター

before
001施工前_M00001

arow
arow
after
079施工完了_M00001

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 シーリング打ち替え 部分塗装 その他 

使用材料
《外壁》ホワイトフィラー(下塗り)、超低汚染リファイン/ミッドビスケット(上塗り)、《軒天》マルチエース、《付帯部》サーモテックメタルプライマー(下塗り)、フッソUVコート/ラセットブラウン(上塗り)

築年数
28年


施工期間
3週間

建坪
約45坪

現地調査の様子です

002現調 (3)_M00001

写真左端にみえるのがクラックです。

横のクラックは特に水が侵入しやすいため、早めの対処が必要となります。

002現調 (4)_M00001

クラックがいくつにも枝分かれしています。

002現調 (2)_M00001

モルタル外壁の軒天部分にもクラックが発生していました。

002現調 (1)_M00001

こちらの軒天は雨染みが出来ており、明らかに水が侵入した形跡が確認できます。

はじめに高圧洗浄を行います。

007高圧洗浄_M00001

高性能エンジン洗浄機でカビやホコリを根こそぎ洗い落とします。

シーリング(コーキング)の打ち替えを行います。

008コーキング撤去(1)_M00001

はじめにカッター等で切れ込みを入れ、シーリング(コーキング)を撤去していきます。

008コーキング撤去(2)_M00001

あちこちで撤去したシーリングは一箇所に集めて、現場を綺麗に保ちます。

009プライマー塗布_M00001

マスキングテープを張り養生したら、接着剤のような役割を果たすプライマーを塗布していきます。

011コーキング打ち込み_M00001

次に新しいシーリングを打ち込んでいきます。

この時空気が入り込まないように注意していきます。

012コーキングならし_M00001

打ち込んだシーリングが乾く前に、専用のヘラで均していきます。

シーリング生地を密着させ、見た目もきれいに整えていきます。

013コーキング完了_M00001

シーリングが固まる前にマスキングテープを剥がしたら完了です。

サッシ周りのシーリング打ち替え

013サッシ周りコーキングならし_M00001

サッシ周りは防水シートを傷つけないために「増し打ち」で行うことが多いです。

 

014サッシ周りコーキング完了_M00001

サッシ周りも綺麗になりました。

外壁サイディング横のシーリング

019横シーリング打ち込み_M00001

地震などの揺れなどを長年受け、組んであるサイディング同士が離れて隙間が発生することがあります。

ここから雨水が侵入すると腐食などの原因となるため、シーリングで補修していきます。

021横シーリング完了_M00001

ヘラで均し、隙間をなくしたら完了です。

クラック(ヒビ割れ)補修です。

002現調 (4)_M00001

無数に入っていたクラックを、補修材で埋めていきます。

016クラック補修下処理_M00001

開先(かいさき)作業、カッターでV字に切れ込みを入れていきます。

補修材が均等に行き渡るようにするために行います。

017クラック補修_M00001

プライマーを塗布し、補修材を入れていきます。

018クラック完了_M00001

クラック補修が完了しました。

軒天の補修をしていきます。

032軒天下処理前_M00001

施工前の写真です。塗装の剥がれが確認できます。

033軒天下処理ケレン_M00001

ケレン作業を行い、塗布面を平滑にしていきます。

039軒天下処理塗布_M00001

傷んだ素地にシーラーを塗布して吸い込ませ、塗料がしっかりのるようにしていきます。

040軒天下処理板張り_M00001

痛みが激しい部分を撤去し、新しい板を貼っていきます。

軒天塗装を行います。

034軒天1回め_M00001

「ノキテンエース」という軒天専用の塗料を塗っていきます。

034軒天1回め完了_M00001

塗布1回めが完了しました。2回に分けて行い、塗膜の厚みを出していきます。

035軒天2回め_M00001

塗布2回目です。

防藻・防カビ・透湿性に優れカビの発生を抑制、微弾性のため素地のヘアクラックも抑制する、高耐久な軒天になりました!

破風板と雨樋の塗装を行います。

屋根の下部にある破風板と鼻隠しはともに屋根内部を風から守るためのものです。

鼻隠しには雨樋がついており、ほぼ同じタイミングで作業を行います。

破風板の塗装です。

026破風ケレン_M00001

まずはケレン作業を行います。

マジックロンなどの研磨シートを使い、素地を平滑にしていきます。

042破風下塗り_M00001

ケレン作業後、下塗りを行います。

今回使用した下塗り材はサーモテックメタルプライマーです。下塗り材自体に遮熱効果があり、素地と上塗り材の密着性を高める効果があります。

043破風下塗り完了_M00001

下塗りが完了しました。

028破風1回め_M00001

上塗り1回めです。フッソUVコートを使用しました。

耐候性に優れ遮熱性もあり、低汚染性で汚れがつきにくくなる優れものです。

031破風1回め完了_M00001

上塗り1回めが完了しました。

ツヤが出てきれいになったように見えますが、まだ塗膜の厚みが薄く表面が凸凹して見えます。

045破風2回め_M00001

上塗り2回目です。

塗りムラをなくし塗膜の厚みを出していきます。

051破風2回め完了_M00001

破風板の塗装が完了しました。

1回目と比べ、表面のツヤと滑らかさが違うのがお分かりいただけるでしょうか。

雨樋の塗装です。

025雨樋ケレン_M00001

ケレン作業です。

027雨樋1回め_M00001

上塗り1回めです。破風板と同じ塗料を使用しています。

032雨樋1回め完了_M00001

上塗り1回めが完了しました。

046雨樋2回め_M00001

規定の乾燥時間を守り、上塗り2回めを行います。

070雨樋2回め_M00001

横樋と一緒に縦樋も行っていきますよ。

雨樋の塗装が完了しました!

破風板と雨樋の塗装が完了です!

053雨樋破風板完了_M00001

艶があり充分な塗膜の厚みもあり、美しい仕上がりとなりました。

写真では外壁塗装も完了しています。

 

塗料には規定の乾燥時間があり、時間を有効に使うため下塗りや中塗りなどタイミングをずらしながら各所進行しています。

 

施工事例ではわかりやすく、各箇所に分けてご紹介していますよ!

外壁の塗り替えです。

お客さまのご希望により、モルタル外壁とサイディング外壁を同じ色味で塗っていきます。

モルタル外壁の塗装です。

022外壁下塗り_M00001

クラック補修も完了した外壁です。

ホワイトフィラー(微弾性フィラー)と呼ばれる下塗り材を塗っていきます。

023外壁下塗り_M00001

細かい部分は刷毛を使って塗っていきます。

塗る箇所に合わせて最適な道具を選択していきます。

024外壁下塗り完了_M00001

下塗りが完了しました。

029外壁中塗り_M00001

中塗りです。

上塗り塗料には「超低汚染リファイン」を使用しました。

041外壁上塗り_M00001

写真は上塗りの様子です。

この塗料は、防カビ防藻性に優れて汚れをつきにくく落ちやすくする超低汚染性、紫外線に対する高耐候性、室内温度の上昇を抑える遮熱性・遮熱保持性に優れたアステックペイントジャパン社の高機能性塗料です。

044外壁上塗り完了_M00001

モルタル外壁の塗り替えが完了しました!

汚れがつきにくく、きれいな外観が長く保てるということで、明るい色の外壁を安心して選ぶ方も多い塗料です。

サイディング外壁の塗り替えです。

047外壁レンガ調下塗り_M00001

下塗りの様子です。

048外壁レンガ調下塗り完了_M00001

下塗りが完了しました。

049外壁レンガ調中塗り_M00001

下塗りの乾燥時間を待ち、中塗りをしていきます。

050外壁レンガ調中塗り完了_M00001

中塗りが完了しました。

縦樋は外壁塗装完了後、再装着していきます。

054外壁レンガ調上塗り_M00001

上塗りを行い、塗膜に厚みをもたせていきます。

055外壁レンガ調上塗り完了_M00001

サイディング外壁の塗装が完了しました。

印象がガラッと変わります。遮熱性の塗料で夏場でも快適に過ごせるようになりました。

雨戸の塗替えです。

057雨戸ケレン_M00001

ケレン作業でサビや汚れを落としていきます。

雨戸も塗装を行うことにより、美観を保ち劣化速度を遅らせることが出来ます。

060雨戸下塗り_M00001

ケレン作業後、下塗りを行います。

ローラーと刷毛を駆使して塗っていきます。

061雨戸下塗り完了_M00001

雨戸の下塗りが完了しました。

使用した下塗り材はサーモテックメタルプライマーです。

062雨戸1回め_M00001

中塗りの様子です。

063雨戸1回め完了_M00001

中塗りが完了し、乾燥を待ちます。

064雨戸2回め_M00001

乾燥後、上塗りを行います。

縦のラインは雨戸の枠です。最後に仕上げていきます。

 

065雨戸2回め完了_M00001

雨戸の塗り替えが完了しました!

使用した塗料は「フッソUVコート」です。

艶があり、汚れを寄せ付けない雨戸になりました。

霧除けの塗り替えです。

056霧除けケレン_M00001

出入り口の丈夫に作られた、家内を霧や雨から守る霧除けです。

鉄部のためケレン作業でサビ汚れを落としていきます。

058霧除け下塗り_M00001

下塗りにはサーモテックメタルプライマーを使用しました。

059霧除け下塗り完了_M00001

下塗り完了です。

サーモテックメタルプライマーは遮熱性も備えたプライマー(下塗り材)です。

066霧除け1回め_M00001

下塗り材の乾燥時間を待ち、上塗り塗料を塗っていきます。

各鉄部同様フッソUVコートを使用しました。

068霧除け2回め_M00001

上塗り塗料の塗布2回めです。

塗膜に厚みが出てきました。

067霧除け1回め完了_M00001

霧除けの塗装が完了しました。

シャッターの塗装を行います。

071シャッターケレン_M00001

ケレン作業の様子です。

雨戸とシャッター、役割は同じです。雨戸は横に戸袋があり、シャッターは巻き取られ上部に収納されます。

072シャッター下塗り_M00001

シャッターは吹き付けで塗装を行いました。

機械を使い塗料に圧力を加えて細かい粒子にして吹き付けていきます。

073シャッター下塗り完了_M00001

下塗りが完了しました。

吹付けは作業スピードが圧倒的に早いのですが、粒子が風に流されやすいので天候に左右されやすい塗り方でもあります。

074シャッター1回め_M00001

中塗りを行います。

塗膜が均一になるよう、一段ずつ吹き付けていきます。

076シャッター2回め_M00001

上塗りです。

077シャッター2回め完了_M00001

シャッターの塗り替えが完了しました。

最後に窓拭きをします!

078窓拭き_M00001

足場を利用し、普段届かないような窓も拭いていきます。

before abc
001施工前_M00001
after
079施工完了_M00001

すべての施工が完了しました。

弊社ではこの後、アフターメンテナンスで施工後の様子を確認させていただいております!

 

どんなことでもお気軽にご相談ください♪

点検・調査・見積もり・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせはこちら 0120-025-520 [電話受付時間]9時~18時

お問い合わせフォームはこちら

 

人気のブログ一覧

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る