施工事例

屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております 屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております

 大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

倉敷市西坂台 築25年で初めての塗り替え 既存外壁スタッコ

既存の外壁塗装(スタッコ)の各所にクラック(ひび割れ)が入っており、今後雨漏りするのではないかと心配でした。また築25年が経過しており、過去に一度も塗り替えをしていないため、汚れが目立ちはじめていた。さらに外壁の各所に緑の苔や藻が生えており不衛生だと感じました。

ビフォーアフター

before
BEFORE

arow
arow
after

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 シーリング打ち替え 

使用材料
外壁:SK 水性セラミシリコン

築年数
25年


施工期間
2週間

保証年数
5
5年
5年

建坪
33坪

外壁の各所にクラック(ひび割れ)

現調時に外壁のクラック(ひび割れ)をくまなく調査させて頂きました。既存の外壁はスタッコ外壁で、今から30年ほど前に流行した外壁材です。この外壁材はもともとイタリアが発祥で日本でも多く採用されてきました。外壁の塗膜を押さえてみると、爪が立つ程度柔らかく、弾性スタッコを吹き付けしてありました。新築当初は弾性力がありクラック(ひび割れ)は入り難い状態だったと思いますが、さすがに25年が経過するとクラック(ひび割れ)も各所に入ってました。

外壁クラック(ひび割れ)処理

この外壁材の下地はパネル下地。900×1800サイズのパネルを貼り合わせ、その後に吹き付けをしています。パネルを貼り合わせすると、その周辺に目地が出来ます。当時目地にはコーキング、パテ、寒冷紗を入れ、パネルが一体に出来るよう工夫されていました。今回の外壁クラック(ひび割れ)はパネルのジョイント部分からの割れでした。ジョイント部分が割れてしまうと、当然ながらそこから雨漏りを引き起こすので注意が必要です。

 

パネルジョイントのクラック(ひび割れ)にはアクリル系のコーキングを充填します。ステッコ柄の意匠性が変わらないよう、コーキングをハケで撫でるようにして、刷り込んでいきます。この作業をする事で、いかにもコーキングを打ちました、というような仕上がりにならなく綺麗に納まります。

下地にはシーラーをしっかり充填

シーラー

パネルジョイントのコーキング処理が完了したら、高圧洗浄、そしてシーラー処理へと工程は進みます。シーラー処理の目的は高圧洗浄で洗い流した長年の汚れや、チリ、ホコリをさらに抑え、上塗りが下地に強固に密着する役割をはたします。今回は浸透性のよいミラクシーラーエコ(水性シーラー)という材料を塗布しました。

仕上げ塗り

仕上げ塗り

外壁目地→高圧洗浄→シーラー処理と工程が進み、次工程はいよいよ最終工程の上塗り。今回のI様邸は1階がペパーミントグリーン、2階の軒天と外壁はアイボリーの2色のツートンカラーでの仕上げとなります。上塗りに使用した材料はSK化研の水性セラミシリコン。全国の塗装屋さんに多く使用されている認知度の高い商品です。売れている=品質が安定=作業性も良好の材料です。

アルミ手摺も塗装出来ます

アルミ手摺作業中

相見積もりでお客様から、他業者はアルミ手摺は塗れませんからと言われ、断わられたという事を耳にします。弊社では過去に数千棟塗装してきましたが、アルミ部分が剥離したという事例は1件もありません。

アルミ手摺完了

アルミを塗装するにはそれないのノウハウがあります。お断りするのは簡単ですが、家全体が綺麗になるのに、アルミ部分が塗られてないのは、バランス的によくありません。他の部分を塗るより手間がやコストがかかりますが、一手間入れる事でお客様の満足度は大きくかわります。

編集後記・・・!(^^)!

倉敷市西坂台のI様は弊社のホームページからお問い合わせ頂き、ご契約を頂きました。外壁はスタッコで現状の雰囲気を残しながらお洒落にしたいとの要望がありました。また奥様が、色に拘られており統一感のあるお洒落な感じに仕上げたいと、おっしゃておられました。弊社お決め頂いた理由は、価格と提案さらに技術力がありそうだからと伺いました。

 

数社見積もりを取られていたようですが、他の業者はアルミ部分は剥離するから塗装出来ませんと断られたようです。全体をお洒落にするのであれば、バルコニーのアルミ手摺、アルミ土台水切りは塗装しないと統一感が出ません。弊社では年間1000棟以上の塗装工事を請け負っていますが、アルミ部分を塗装して剥離したというケースは一件もありません。

今回もアルミ手摺を塗装する事で、全体的に一体感が生まれ、お洒落な感じに塗り替えが出来たと思います。お客様も出来上がりには大変ご満足頂きました。今後もさらなる技術を磨きお客様に満足品質が提供できたらと思います。

 

『街の外壁塗装やさん』では戸建住宅塗装、雨漏り修繕、大型マンション、工場塗装等さまざまな塗装、防水工事の施工をさせて頂いております。どんな小さな仕事でも大丈夫です、お気軽にお問い合わせ下さい。 街の外壁塗装やさん 担当:小山 フリーダイヤル0120-106-333 お気軽にどうぞ。

人気のブログ一覧

2018年9月27日  千葉市稲毛区にて外壁塗装、同時に軒天・窓格子などの木部塗装には防蟻効果のあるニューボンデンDXで

    台風24号が日本列島を縦断しそうですが、皆様備えは大丈夫でしょうか?前回の21号で関西方面はかなりの被害を被り、未だ復旧作業が続いている中での再来の予想。大型で非常に強い台風のようですので早めの対策を心掛けるようにしてくださいませ。さて本日は千葉市稲毛区にお住いのお客様宅の軒天塗装の様子をお伝えしてみたいと思います。 ...続きを読む

千葉市稲毛区にて外壁塗装、同時に軒天・窓格子などの木部塗装には防蟻効果のあるニューボンデンDXで

2018年9月26日  横浜市南区で行った屋根外壁塗装は屋根と付帯部の色をブラックで統一

    横浜市南区にて施工しておりました屋根外壁塗装が完工したということでご覧いただきたいと思います。今日は屋根塗装と付帯部塗装の色に着目してみました。屋根と付帯部に使用しているカラーはブラック=黒になります。 屋根塗装の色はサーモアイ4Fのクールブラックで ...続きを読む

横浜市南区で行った屋根外壁塗装は屋根と付帯部の色をブラックで統一

2018年9月25日  葛飾区にて外壁塗装と外壁カバー工法のカラーシミュレーション、多彩な色とサイディング柄の組み合わせ

    本日は葛飾区にて外装工事を行うお客様宅のカラーシミュレーションをご紹介いたします。カラーシミュレーションは屋根外壁塗装だけではなく、屋根の葺き替え・カバー工事や外壁の張替え・カバー工事のシミュレーションを見る事も可能です。あくまでもイメージ画像になりますが、今はサイディングやガルバリウムなど多彩な柄や模様がございますので、事前にカラーシミュレーション画像をご覧いただくことで完成図を思い描きやすいのではないで ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る