施工事例

越谷市東大沢アパート室内木部塗装をしました

内部塗装をやってくれる業者を探しているお客様がネット検索で当社にお問い合わせしてくださいました。

ビフォーアフター

before
柱テープ剥がし

arow
arow
after
木部塗装オスモ

工事基本情報

施工内容
室内塗装 

使用材料
オスモ

築年数
40年以上


施工期間
3日

塗膜剥離した窓台ととテープのノリついた和室の枠のオスモ塗装

木部窓枠

南面の窓台の塗膜剥離がひどかったので、この部分に注目して施工事例を紹介していきます。

和室の中で唯一この窓台だけが塗装されており、日当たりがいいのもあって

塗膜がバリバリした感じで剥離していました。

これを再塗装するには一回念入りにケレン作業にて古い塗膜を落とさなければなりません。

あちこちで何回も説明していますが

「古い塗膜と新しい塗膜は相性が悪い」のでケレン作業は大事な工程の一つです。

古い塗膜もバリバリ剥がれるものあれば、粉状に吹き出る剥離(チョーキング)があります。

出来るだけ塗膜剥離剤やケレン作業にて塗膜を落とした方が綺麗に上塗りができます。

窓枠オスモ塗装

1回目の上塗りではまだ木目などが残っていますが

新しい白木の木部で木目を活かすなら一回塗りいい場合もありますが

今回は二回塗りで完全に木目を潰す方がいいと判断、その方が手触りも耐久性も違ってきます。

窓台オスモ塗装

二回目の上塗りをしました。

色がだいぶ濃くなりました。工程は1回目塗った後半日以上の養生期間を置きます。

特に一回目作業を行った日は雨が降り、気温が低かったので

2回目の上塗りは次の日に持ち込みました。

塗料は1回目の上塗りを完全に乾かしてから二回目を塗ればこそ

その機能性は抜群に発揮されます。

あんまり早く終わらしてしまう業者さんがいたら「作業工程をちゃんと説明してもう」ことが必要でしょう!

柱あく洗い

和室とリビングの仕切る枠に隙間を埋めるテープが貼られていました。

これに限らず子供さんがシールを貼ったり、落書きしたりと

「柱の汚れどうやって落とすの?」とお悩みのかたたくさんいると思われます。

柱テープ剥がし

隙間テープを剥がしても、強いノリが柱に残ってます。

これを綺麗に落とすのは一般の方では大変かと思われます。

柱あく洗い

しかし「あく洗い」をすることで、強いテープのノリとかは綺麗に落とすことができます。

一般住宅で和室が主流だった頃、和室のクリーニングといえば塗装屋さんの仕事でした。

新築の際でも新しい白木材には「ワックスがけして磨く」のも塗装屋さんの仕事です。

豆知識として知ってもらえると嬉しいです。

すっかりテープ跡が消えたのがお分かりでしょうか?

こんな風に綺麗になるので「和室のクリーニング」興味持たれたならお問いわせください!

 

 

木部塗装オスモ

写真は2回目の上塗りをしたものです。

少しばかりか艶も出て綺麗に仕上がっています。

二回塗って塗膜が厚いことで傷にも強くなりますし、ちょっとした汚れでも雑巾で拭けば綺麗になるので

メンテナンスも楽です。

あく洗い材料「アクロン」

アクロン

当社があく洗いに使う薬品は「アクロン」です。

A液B液混合の材料なので、一般の方は使いづらいと思います。

あく洗いする必要な塗装面の清掃だけではなく、窓台ならアルミ系の冊子の際も汚れを落とすことで

マスキングテープで養生するために必要な作業です。

和室を綺麗にするときはほぼ「アクロン」を使用してます。

 

オスモ塗料の説明

内部塗料でも種類はいくつかあって、いつも選定するのに悩むのですが

木部塗装で「当社にお任せ」であればオスモ塗料を推奨してます。

ホームセンターで買えばそこそこのいい値段します。

しかし、木目を活かすのも、木目を潰すにも。どちらにしても重宝します。

室内での塗装はなるべく溶剤系などの刺激が強い塗料は使いたくないので

当社はなるべく自然塗料のものを使用すると決めています!

オスモ

人気のブログ一覧

2020年7月4日  君津市久保で台風による強風でベランダが傾いてしまった

    現地調査  君津市久保にお住まいのお客様は、昨年の台風の影響が出てしまったそうです。お庭に設置して在った、わりと大きい物置きが倒れた影響でバルコニーの支柱にぶつかり支柱を破損させてしまってしまいました。バルコニーは後付けバルコニーでしたので、直接住宅自体には被害はほぼ無かったとの事でしたが、バルコニーには上がることが出来ずにお困りになってしまいました。(点検の事でしたらこちらまで) 台風の影響 ...続きを読む

君津市久保で台風による強風でベランダが傾いてしまった

2020年7月1日  勝浦市守谷「雨戸戸袋の破損」現地調査

    雨戸戸袋の破損  勝浦市守谷に別荘としての住宅が、台風の影響を受け雨戸の戸袋が破損してしまったとお客様から、私達街の外壁塗装やさんにお問い合わせを頂きました。外壁の一部分である戸袋ですので、破損の度合いでは内壁に影響が出てしまったりしてしまいます。余り認知されていない戸袋ですが破損してしまうと大変な事になってしまう事が多い、工事項目です。 木部の劣化 ...続きを読む

勝浦市守谷「雨戸戸袋の破損」現地調査

2020年5月31日  長生郡一宮「陸屋根防水」劣化が気になる

    陸屋根防水不具合  長生郡一ノ宮町にお住まいのお客様は屋根が陸屋根になっている、3階建ての店舗兼住宅にお住まいになっていました。一階に店舗を貸し付けている事から、雨漏れなどが絶対に発生させられないとの事で、幾度か色々な場所のメンテナンスをして来たそうですが、屋上の防水が風船のように膨れ上がってきたり、ひび割れなどが発生してしまう事で、今後どのようにして良い物か、お悩みになっていました。 現地調査 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る