現場ブログ

現場ブログ一覧

bousui1

2012/11/20  ベランダや陸屋根の防水工事も外壁塗装センターにお任せください!

   みなさんこんばんは! 今までは塗装についてのブログをメインに書いてまいりましたが、本日は我々外壁塗装センターが得意とするもう一つの工事、”防水工事”についてご紹介します! 防水工事として、外壁の補修や屋根の補修などさせて頂いておりますが、ベランダの防水や陸屋根と呼ばれる平たい形状の屋根の施工もさせて頂いております! ...続きを読む

2012/11/20  外壁塗装と雨漏り

   みなさん、外壁塗装センターで雨漏り?とお思いでしょうか。   「雨漏り」は屋根から漏ると思いがちですが、実はその原因は外壁にある事が多いのです。 外壁からの雨漏りは以下のような原因で起こります。 外壁のクラックからの浸水 窓枠からの浸水 外壁シーリングからの浸水 換気ダクトからの浸...続きを読む

2012/11/19  外壁塗装は”最低3回塗り”

   こんばんは! 今日は塗装の際の塗装回数についてご紹介していきたいと思います。 私たち外壁塗装センターでは「3回塗り」とよくホームページ内で掲載していますが、こちらは”最低”3回塗りという意味で掲載しています。 塗装面によっては、3回塗装しただけではきちんと塗膜を形成できない状態の場合もあるからです。 特に下地との...続きを読む

photo9

2012/11/19  ジョリパッドで内外装をオシャレにリフォーム!

   本日はあまり気温が上がらず、肌寒い一日となりましたね。 一気に寒さが増したので、体調管理にみなさんも気を付けてください。 さて、本日から数回にわたって内装・外装のリフォームでおすすめの工事をご紹介したいと思います。 本日からご紹介するのは「ジョリパッド」と呼ばれる壁材です。 まず本日のブログでは、ジョリパッドとは...続きを読む

2012/11/18  外壁塗装の劣化の原因-最終回

   みなさん、こんにちは。 さて、塗装の代表的な劣化とその原因に関して一通り説明させていただきました。 あらためて見てみると、下地処理がいかに大切かを痛感いたしました。 経年によりいつかは塗装は劣化してしまいますが、しっかり下地処理と下塗りをするかしないか、必要な段取りをふまえるかどうかでその寿命は大きく変わることが、劣化の原...続きを読む

IMGA0098-thumbnail2

2012/11/17  外壁塗装の劣化の原因-その4

   みなさん、こんにちは わかりやすい!外壁の塗り替えの目安で始めたこのシリーズ、 塗膜の汚れ チョーキング 変色•退色 塗膜ひび割れ エフロレッセンス 塗膜浮き•脹れ、剥離   と順にご説明してきました。外壁の塗料が剥離すると、下塗りや素材、素地が露出します。 そのまま...続きを読む

2012/11/17  冬が近づいてまいりました 外壁の結露は大丈夫でしょうか?

   そろそろ本格的に冬になってまいりましたね。 もうしばらくすると、朝に霜が降りてあちこち白くなる季節ですね。 さて、みなさんの外壁はきちんと防水性能は機能していますでしょうか? きちんと防水できていないと、いつまでも外壁に水分がとどまり、寒くなってるとその水分が凍結・融解を繰り返すので、外壁には大きな負担となります。...続きを読む

koke

2012/11/17  外壁塗装前のお住まいの点検

   こんにちは。 外壁塗装センターでは塗装工事を行う前に、お客様のお住まいの点検を行います。 お住まいの外壁、屋根など外部を点検しまして、お客様のお住まいが今どのようになっているのかをチェック致します。 外壁では塗装面のチョーキングがあるか、クラックの発生はみられるか、コケや藻の発生はどうかをチェックします。 [...続きを読む

photo017

2012/11/16  屋根塗装・外壁塗装のカラーサンプル

   こんばんは。 最近朝・晩の冷え込みに加え、日中でも冷たい風が吹くようになりましたね。 さて、今日はお客様へ塗装のご提案に使用しているサンプルの数々をご紹介したいと思います。 まずはこちらからご紹介します。 こちらは「カラーサンプル」です。 カラーシミュレーション前に、どんな色でシミュレーションするの...続きを読む

クラック

2012/11/16  塗装工事の前の建物点検

   こんばんは。 私たち、外壁塗装センターではまずお客様のお住まい建物点検を行っています。 なぜかといいますと、今お住まいがどのような状態なのかをしっかりと把握していただくためです。 建物点検はお住まいの屋根、外壁、家の周りとお住まい全体を点検します。 その結果、屋根の板金の緩みやコケの発生、外壁にできたクラック...続きを読む

2012/11/16  年の瀬に向けて各塗装現場も大忙し

   みなさんこんばんは! 今日は一日あちこちの現場を回ってきました。 どこの現場も、年末を意識した工程・段取りで進めております。 最近各現場へ足を運ぶと、ふと冬の訪れを感じます。 日もだいぶ短くなり、あっという間に真っ暗です。 あと半月もすれば12月に入ります。 「師走」と暦上でも呼ばれていることから、皆様も...続きを読む

IMGA0098-thumbnail2

2012/11/16  セメント瓦の塗装

   前回のセメント瓦の塗装時期、タイミングでは、劣化による塗装の時期をお話ししましたが、今回は実際の塗装についてです。 そのまえに、最近お客様からセメント瓦ってなに?コンクリート瓦とスレート瓦との違いは?というご質問をいただきましたのでご説明します。 セメント瓦には以下のような種類があります。   ...続きを読む

hafu

2012/11/15  外壁塗装の前の下地処理

   茨城も寒さが厳しくなってきました。これからのシーズンは朝露に気を付けていきたいところです。   今日は塗装工事の施工時のポイントをご紹介したいとおもいます。それは「外壁の下地調整」です。   塗装工事の流れとして、まずは高圧洗浄を行い、今まで溜まっていた汚れ、コケ、藻などを落とします。...続きを読む

CA3C0041

2012/11/15  外壁塗装の劣化の原因-その3

   こんにちは、 今回は、前々回に引き続き、塗装の劣化についてご説明します。 今回ご紹介する症状になりますと、もう塗装をしたほうがよい時期だとお考えください。 塗膜の膨れや浮き 塗装の際、塗料に水などが混入すると起こります。たとえば塗りたての外壁に雨がかかるなどがあります。また、洗浄のあとに充分な乾燥の時間を...続きを読む

photo016

2012/11/15  意外にも雨漏りや外壁の劣化につながる雨樋の劣化・破損

   今日は雨樋の劣化・破損についてご紹介していきたいと思います。 外壁塗装や防水工事になんの関係が?と思われる方もいらっしゃると思いますが、雨樋も大切なお住まいの一部です。 雨樋の破損・劣化に気を付けないと、雨漏りが・・・なんてことにもなりかねません。 雨樋は日頃、雨が降った際に屋根から流れてきた雨水を受け止め、排水する場...続きを読む

paint

2012/11/14  塗料の「油性」と「水性」

   塗装工事に使う塗料には「油性」と「水性」に分かれています。 今日はその塗料についての特徴をお話ししたいと思います。 それぞれの特徴は、以下のようになっています。 【油性塗料】 塗料の溶剤に有機溶剤を使ったもの。この有機溶の種類はトルエンやキシレンなどが一般的でした。人体・環境への悪影響、引火性の高さなどの問題...続きを読む

photo8

2012/11/14  外壁サイディングの反りに注意

   今日はサイディングの反りと塗装の重要性についてご紹介していきます。 外壁に塗装が必要なことはホームページ内でもご紹介していると思いますが、では実際に外壁の塗装をきちんと行わないとどうなってしまうのか、本日は特にサイディングについて話していきたいと思います。 まず、外壁サイディングを塗装できちんとメンテナンスしないとど...続きを読む

2012/11/14  非常に危険な屋根の点検 絶対にご自身で行わないでください!

   みなさんこんばんは! 今日も寒いですね。 最近日中の気温が下がり、ますます冬が深まってきたなぁ、とスタッフ一同感じております。 さて、本日は我々専門スタッフがよくお客様にお願いする事をご紹介しようと思います。 それは 絶対ご自身で屋根の点検を行わないでください! ということです。 私たちにお問い合わせ頂いた...続きを読む

A5BBA5E1A5F3A5C8B4A4A1A1A3B2B2F3CCDCA4CEB2B0BAACC5C9C1F5A1A1B0F5DAD9B7B4204

2012/11/14  セメント瓦の塗装時期、タイミング

   みなさん、いかがお過ごしでしょうか? これからしばらく屋根の塗装の時期を話題としたいと思います。 みなさんの中で、屋根がセメント瓦のかたはいらっしゃいますでしょうか? セメント瓦は、塗装してから10年ほどで色褪せしはじめます。その後、コケやカビが発生し始めます。コケやカビが発生して放っておくと、瓦自体が水分を吸...続きを読む

05_item01

2012/11/14  外壁塗装を施す意味

   東京のみなさん、こんにちは! 塗装をするとお住まいが新たな装いとなり、目に楽しいですよね!また塗装をすることにより外壁や屋根はもとよりお住まいの様々な箇所の素材を守ります。大切な財産であるお住まいを守る事がもう一つの塗装の大きな目的です。 そのためには、しっかりとした技術で塗装をする必要があります。例えば中塗り、上塗...続きを読む

2012/11/13  塗装工事の目的

   こんばんは。 外壁塗装センター茨城スタッフです。 今日は塗装工事を行う意味について書いていきたいと思います。 ■塗装の目的 塗装工事の目的は、物体の保護や美観付与を一番にしています。 新しい塗料をその表面に塗り広げることで、その作業を塗装作業といいます。 見た目にはキレイになり、機能の面では保護力が上ると...続きを読む

2012/11/13  外壁・屋根の塗装だけで大丈夫ですか?

   塗装でお住まいのメンテナンスをしようと考えたとき、ただ塗装するだけで補修できていると勘違いされている方も多いですが、それだけではダメな場合もあります。 たとえば、下地が傷んでいる上から塗装を行っても、すぐに剥がれてしまう場合があります。 下地の補修をきちんとせずに塗装したが故に、被害が広がる場合もあり得ます。 私た...続きを読む

スレート

2012/11/12  塗装場所で塗料を変える

   こんばんは。 今日は塗装する場所によって塗料も変わってくることをお話ししたいと思います。 住宅の塗装は主に「外壁」と「屋根」に分かれてきます。 また、外壁の種類は「モルタル壁」「窯業系サイディング」「金属系サイディング」に分かれ 屋根も「瓦」「スレート」「金属屋根」に分かれてきます。 さて、みなさんは塗料の...続きを読む

2012/11/12  外壁塗装の飛び込み業者に要注意!本当に塗装の時期に来ていますか?

   みなさんこんばんは! 今日は私たち塗装の専門店にとって迷惑な、悪質な飛び込み業者について書いていきたいと思います。 外壁塗装センターへご相談を頂くお客様の中にも「急に業者が来て外壁の塗装が必要だと言われて不安なので点検してほしい」といったようなご依頼を頂く事があります。 ◎急な飛び込み業者に注意 ある日突然や...続きを読む

photo015

2012/11/12  外壁塗装の下地処理の一つ、ケレンに使う様々な道具

   外壁や屋根の塗装の前には下地処理を行いますが、本日はその下地処理の一つ、ケレンについてご紹介していきたいと思います! ケレンは、サンダーと呼ばれる道具を使ったり、サンドペーパーや皮すきを使用して手作業で行ったりします。 ケレンを行う大きな目的としては、 1.前回塗装された塗料を落とす 2.鉄部の錆びを落とす 3...続きを読む

efflorescence-cement-concrete-white1-e1352645640270-150x150

2012/11/11  外壁塗装の劣化の原因ーその2

   みなさん、こんにちは。 今日はエフロレッセンスという、聞き慣れない劣化についてです。日本語では白華(はっか)といいますが、この言葉は塗装した壁に白い花が咲いているようだというところからつけられた名前だそうです。 Wikipediaには以下のように説明されています。 白華(はっか)とは、コンクリートやモルタルの表面部...続きを読む

2012/11/10  外壁塗装の劣化の原因ーその1

   今日からしばらく、外壁塗装の劣化の原因をご説明したいと思います。 チョーキング チョーキングとは、塗装の表面を触るとチョークのような粉が指先についてくる現象ですが、これはどうして起こるのでしょう? チョーキングは主に熱や紫外線、また風雨によって塗膜が劣化することで起こります。 塗料は、顔料、樹脂、添加剤と溶剤を混ぜて作られて...続きを読む

瓦

2012/11/10  塗料の寿命は材質によって異なります!

   今日は塗料の寿命についてご紹介します。 皆様から以外に質問が多い「塗料の寿命」についてですが、一応各塗料で寿命がそれぞれ決まってはいます。 しかし、それは塗装する面の材質との相性が良い場合なのです。 まずは、どこを塗装するのか、が非常に重要です。 【屋根の場合】 ・瓦を塗装するのか ・スレートを塗装するのか ...続きを読む

house

2012/11/9  外壁塗装で使う塗料の種類

   茨城県のみなさま、こんばんは。   本日は塗料の種類についてです。 外壁塗装に使う塗料はその種類が多く、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系の種類に分かれます。 塗料の中でも、ウレタン系は主に住宅の破風板や雨樋の塗装に使います。塗料の商品ではファインウレタン(日本ペイント)を私たちは使うこと...続きを読む

2012/11/9  外壁塗装と下地の劣化現象の因果関係

   東京のみなさま、こんにちは。 寒くなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。 今年の夏はとても暑かったですが、冬は暖冬で、昨年のようにひどく寒くなる事はない予測だそうです。 さて、先日の外壁の劣化は、現象として以下のように進行する事がわかりました。 塗膜の汚れ チョーキング 変色•退色 ...続きを読む

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る