ホーム

街の外壁塗装やさんとは

施工の流れ

施工事例

料金プラン

対応エリア

お問い合わせ

お客様の声 お客様の声

施工事例 施工事例

現場ブログ 現場ブログ

知って得する
塗装工事の豆知識
知って得する塗装工事の豆知識

塗装工事の知識

なぜ塗装工事が必要なのか

塗装工事のポイント

お住まいが教えてくれる
塗り替えのサイン

外壁塗装の全工程

お住まいの各部位の名前

外壁塗装に最適な季節は
いつ?

塗装で暑さ対策・虫対策
夏を快適に過ごす

外壁塗装の寿命を示す
「チョーキング」サイン

外壁クラックの原因と
メンテナンス方法

塗装の仕上がりをより美しく
長持ちさせるケレン作業

外壁塗装でできること
できないこと

屋根塗装と外壁塗装は別物
屋根塗装トラブル事例

外壁塗装で気を付けたい
ポイント

破風板・鼻隠し・ケラバの
解説と補修方法

軒天の重要な役割と
塗装・補修の方法

天窓・屋根
メンテナンスのご紹介

外壁の腐食を防ぐ
笠木の役割とメンテナンス方法

外壁塗装時に検討したい
雨樋の塗装・交換・補修

屋根塗装時に設置したい
雪止めの役割と効果・種類

雨樋の破損を防ぐ
落ち葉除けネット

スレート屋根の塗り替え
正しい塗装で寿命を延ばす

屋根塗装が原因の雨漏り
タスペーサーで防げます

狭小地や住宅密集地の
外壁塗装もお任せください!

トタン外壁や屋根の
メンテナンス

瓦屋根のメンテナンスと
塗装時の注意点

セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法

鉄部への塗装で錆を抑え
お住まいを長く綺麗に

棟板金補修と屋根塗装で
雨漏りや飛散を防ぐ

ベランダ・バルコニー屋根
の種類やお役立ち情報

ベランダなどに最適!
FRP防水の特徴と施工方法

屋根裏換気に欠かせない
換気棟の役割と仕組み

塩害を受けやすい住宅と
錆防止の塗装メンテナンス

塗料は【半製品】
塗料の乾燥時間について

コーキングとシーリング
の違い

軽量で高断熱のALCへの
外壁塗装

外壁と屋根の面積の求め方

外壁断面図

外壁塗装で気を付けたい
外壁材と塗料の相性

インフォメーション

・会社概要

・スタッフ紹介

・プライバシーポリシー

・サイトマップ

お住まいの綺麗をいつまでも!低汚染塗料なら外壁の綺麗を長く維持!!

綺麗が続き外壁の劣化を防ぐ低汚染塗料の仕組み

お住まいの綺麗をいつまでも!
低汚染塗料なら外壁の綺麗を長く維持できます!!

 外壁塗装をご検討する理由として外周りの汚れも大きな要因の一つではないでしょうか。
 同じ塗り替えをするなら、いつまでも綺麗が続く外壁塗装をしたいですよね。
 そうすれば、少なくとも外壁の汚れによって外壁塗装を検討するということはなくなるわけです。

 また、外壁の汚れはお住まいの魅力を落とすだけでなく、劣化させる原因にもなります。
 汚れと劣化は密接な関係があり、「汚れるから劣化する」、「劣化するから汚れる」というようにお互いに悪影響を及ぼしあうのです。
外壁が劣化する負のスパイラル
 さらに、汚れの種類によっては苔、藻、カビの栄養にもなります。
 通常の汚れに苔、藻、カビの繁殖がプラスされ、時間が経過するごとにそれが増殖していくのですから、目も当てられません。そんなお住まいには絶対にしたくないですよね。
汚れにくさ、汚れが流れやすいというのが低汚染塗料のメリットです
 科学技術が進んだ現在、汚れにくく、汚れが付着しても雨水で洗い流されるという低汚染塗料が登場しました。

 汚れにくい上に汚れても洗い流されてしまうので、汚れが堆積しないのです。
 汚れが堆積しないので、苔、藻、カビも発生しにくく、塗膜も劣化しにくく、綺麗が長く維持できて結果的に長寿命という理想的な塗料で外壁塗装できる時代になったのです。

 汚れやすい環境のお家はもちろんのこと、それほど汚れる環境ではない、さほど汚れを気にしないという方にも理想の塗料の一つと言えるでしょう。

低汚染塗料の特徴とメリット

メリット1 汚れが付着しづらい

 塗膜の構造や性質によって、汚れが付着しづらいという特徴を備えています。

 「外壁を汚れから守る」というのは塗料に要求される基本的な性能の一つで、この性能を極めて高いレベルで満たしている塗料になります。
外壁を汚れから守る高性能の塗料です

メリット2 汚れが付着しても雨水で洗い流される

 汚れが付着してしまったとしても、降雨で洗い流されるというセルフクリーニング機能を備えています。

 何かと気分が暗くなりがちな雨の日でもお家が綺麗になるのであれば、ちょっと嬉しくなりますよね。
 汚れの中でも特に目立つ雨すじ汚れも防止します。
付着した汚れが降雨によって洗い流されます

メリット3 綺麗が長続き

 「汚れが付着しづらい」、「付着しても雨水で洗い流される」といった特徴と機能を備えていますから、一般的な塗料よりも綺麗が長続きします。

 前述のように外壁の汚れは外壁塗装を検討する大きな要因です。
 汚れがなく、機能的な問題がなければ、わざわざ塗り替えを考える必要もないのです。
外壁が汚れを防ぎ、塗り替える頻度を少なくします

メリット4 耐用年数が長くなる要素が多い

 汚れは水分を含みやすく、化学物質を含むことも多いため、傷みを進行させる原因にもなります。

 低汚染塗料はそういった汚れに含まれる化学物質も必然的に寄せ付けにくいので、劣化もしにくいのです。
低汚染塗料で汚れを防ぎ耐用年数を伸ばすことができます

外壁塗装するなら低汚染塗料!おすすめ低汚染塗料

メリット5 苔、藻、カビの発生を防ぐ

 汚れには土や砂埃も含まれています。土や砂埃には苔、藻、カビの養分も含まれていますし、外壁に付着しますと水分が滞留しやすくなります。

 外壁の汚れを防ぐということは苔、藻、カビの発生を抑制することにも繋がるのです。
藻やカビは外壁の傷みを進行させる原因の一つですが低汚染塗料で防ぐことができます

1. ナ ノコンポジット 親水性・ナノテクノロジー

汚れにくく色あせしにくいナノコンポジットシリーズ
 世界で初めてナノテクノロジーが応用された塗料。

 ナノレベルで均一な塗膜を形成する。
 水性シリコンの他、ラジカル制御機能を追加されたフッ素、防藻に特化した防藻プラスをラインナップ

2. スーパーセランシリーズ

耐用年数25年以上を誇る低汚染塗料!ダイヤスーパーセランシリーズ
 汚れを寄せ付けない無機と有機の硬い塗膜が特徴の超長寿命塗料。

 汚れにくかった塗装直後を20年以上に渡ってキープするという常識破り。溶剤から水性、そして遮熱塗料までをラインナップ

低汚染塗料は何故、汚れづらい?汚れを防ぐ、汚れを落とすメカニズム

親水性

低汚染の親水性の仕組み図
 塗膜が非常に水と馴染みやすい特徴を持っています。塗膜に汚れよりも水の方が付着しやすいのです。
 これにより、外壁に汚れが付着した場合でも降雨などがあった場合、汚れと塗膜の間に水が入り込みます。
 汚れはその下に入り込んだ水によって浮かされ、洗い流されます。

紫外線による汚れの分解(光触媒)

紫外線による汚れの分解図
 塗膜に付いてしまった汚れを紫外線(太陽光)で分解します。当初は頑固だった汚れも、分解されることにより、壁面への付着力が弱まります。
 付着力が弱まった汚れは降雨によって洗い流されるので、綺麗を長くキープできます。

ロータス効果による自浄性(超撥水)

 ハスは泥の多い池や沼に育つが葉や花に泥が付着せず、きれいな状態を保ち続けます。泥が付着せず、きれいな状態を保ち続けることをロータス効果と呼び、ハス(蓮)の葉の表面の微細構造とその化学的特性を塗膜表面に再現することが可能になりました。

 蓮はその様子から「蓮は泥より出でて泥に染まらず」と言われます。

ナノレベルでの密度の高い塗膜の実現

 一般的に表面に凹凸があるものよりも、滑らかなものの方が汚れは溜まりにくいですよね。

 ナノレベルで塗膜の密度を高くし、汚れの入り込む隙間をなくせば、必然的に汚れにくくなります。

汚れを寄せ付ける帯電の解消

 お部屋の中で家電製品の裏が不自然なほどに汚れているのは手が届かず、掃除しなかったからだけではありません。

 静電気による帯電が汚れを呼び寄せていることも多いのです。外壁にも同様のことが起きえますが、帯電しないような機能を持った塗料も存在します。
外壁塗装用の塗料のうち、いずれかのメカニズム、もしくは複数を持っているものが低汚染塗料となります。
ページの先頭に
戻る

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
後悔しない!
塗装・カラーリングの
選び方
後悔しない!塗装・カラーリングの選び方
お住まい以外もお任せください!
外壁塗装はどこに依頼したらいい?
塗装工事をお考えの方が
知っておきたいこと
塗装工事をお考えの方が知っておきたいこと

3階建ての外壁塗装は高い?
知るべき3つの真実

外壁の塗り替えと張り替え、
カバー工法どれがお得?

外壁材の種類の確実な見分け方

2回目以降の外壁塗装の注意点

塗装箇所で違う?
塗料の特徴と耐用年数

塗装のキーポイント
下塗りの役割と種類

金属塗装の下塗り塗料
プライマーをご紹介

外壁塗装を長持ちさせたい!
耐用年数20年超の無機塗料

外壁塗装や屋根塗装に
メーカーの施工保証がない理由

不動産オーナー様必見!
塗装工事で節税できます

外壁塗装で仮設した足場
さまざまな工事に有効活用

外壁塗装業者の
こんな営業トークには要注意!

危険?住まいの外壁を悪くする
間違いだらけのDIY

塗装が難しい外壁や屋根が
あるってご存じですか?

窯業系サイディングの
ひび、割れの予防と補修

塗料は艶有り・艶なし
どちらを選ぶのが正解?

メンテナンスフリー?
外壁タイルお手入れ方法

和風住宅外壁塗装のポイント

ジョリパットを
外壁塗装で綺麗に保つコツ

ローラー・吹き付け
塗装はどれが正解?

外壁塗装の規定塗布量と
1缶で塗れる面積

事前の台風対策で
破損や雨漏りを防ぐ

雨養生による応急処置で
被害を最小限に

お住まいの綺麗をいつまでも!低汚染塗料なら外壁の綺麗を長く維持!!

綺麗が続き外壁の劣化を防ぐ低汚染塗料の仕組み

お住まいの綺麗をいつまでも!
低汚染塗料なら外壁の綺麗を長く維持できます!!

 外壁塗装をご検討する理由として外周りの汚れも大きな要因の一つではないでしょうか。
 同じ塗り替えをするなら、いつまでも綺麗が続く外壁塗装をしたいですよね。
 そうすれば、少なくとも外壁の汚れによって外壁塗装を検討するということはなくなるわけです。

 また、外壁の汚れはお住まいの魅力を落とすだけでなく、劣化させる原因にもなります。
 汚れと劣化は密接な関係があり、「汚れるから劣化する」、「劣化するから汚れる」というようにお互いに悪影響を及ぼしあうのです。
外壁が劣化する負のスパイラル
 さらに、汚れの種類によっては苔、藻、カビの栄養にもなります。
 通常の汚れに苔、藻、カビの繁殖がプラスされ、時間が経過するごとにそれが増殖していくのですから、目も当てられません。そんなお住まいには絶対にしたくないですよね。
汚れにくさ、汚れが流れやすいというのが低汚染塗料のメリットです
 科学技術が進んだ現在、汚れにくく、汚れが付着しても雨水で洗い流されるという低汚染塗料が登場しました。

 汚れにくい上に汚れても洗い流されてしまうので、汚れが堆積しないのです。
 汚れが堆積しないので、苔、藻、カビも発生しにくく、塗膜も劣化しにくく、綺麗が長く維持できて結果的に長寿命という理想的な塗料で外壁塗装できる時代になったのです。

 汚れやすい環境のお家はもちろんのこと、それほど汚れる環境ではない、さほど汚れを気にしないという方にも理想の塗料の一つと言えるでしょう。

低汚染塗料の特徴とメリット

メリット1 汚れが付着しづらい

 塗膜の構造や性質によって、汚れが付着しづらいという特徴を備えています。

 「外壁を汚れから守る」というのは塗料に要求される基本的な性能の一つで、この性能を極めて高いレベルで満たしている塗料になります。
外壁を汚れから守る高性能の塗料です

メリット2 汚れが付着しても雨水で洗い流される

 汚れが付着してしまったとしても、降雨で洗い流されるというセルフクリーニング機能を備えています。

 何かと気分が暗くなりがちな雨の日でもお家が綺麗になるのであれば、ちょっと嬉しくなりますよね。
 汚れの中でも特に目立つ雨すじ汚れも防止します。
付着した汚れが降雨によって洗い流されます

メリット3 綺麗が長続き

 「汚れが付着しづらい」、「付着しても雨水で洗い流される」といった特徴と機能を備えていますから、一般的な塗料よりも綺麗が長続きします。

 前述のように外壁の汚れは外壁塗装を検討する大きな要因です。
 汚れがなく、機能的な問題がなければ、わざわざ塗り替えを考える必要もないのです。
外壁が汚れを防ぎ、塗り替える頻度を少なくします

メリット4 耐用年数が長くなる要素が多い

 汚れは水分を含みやすく、化学物質を含むことも多いため、傷みを進行させる原因にもなります。

 低汚染塗料はそういった汚れに含まれる化学物質も必然的に寄せ付けにくいので、劣化もしにくいのです。
低汚染塗料で汚れを防ぎ耐用年数を伸ばすことができます

外壁塗装するなら低汚染塗料!おすすめ低汚染塗料

メリット5 苔、藻、カビの発生を防ぐ

 汚れには土や砂埃も含まれています。土や砂埃には苔、藻、カビの養分も含まれていますし、外壁に付着しますと水分が滞留しやすくなります。

 外壁の汚れを防ぐということは苔、藻、カビの発生を抑制することにも繋がるのです。
藻やカビは外壁の傷みを進行させる原因の一つですが低汚染塗料で防ぐことができます

1. ナ ノコンポジット 親水性・ナノテクノロジー

汚れにくく色あせしにくいナノコンポジットシリーズ
 世界で初めてナノテクノロジーが応用された塗料。

 ナノレベルで均一な塗膜を形成する。
 水性シリコンの他、ラジカル制御機能を追加されたフッ素、防藻に特化した防藻プラスをラインナップ

2. スーパーセランシリーズ

耐用年数25年以上を誇る低汚染塗料!ダイヤスーパーセランシリーズ
 汚れを寄せ付けない無機と有機の硬い塗膜が特徴の超長寿命塗料。

 汚れにくかった塗装直後を20年以上に渡ってキープするという常識破り。溶剤から水性、そして遮熱塗料までをラインナップ

低汚染塗料は何故、汚れづらい?汚れを防ぐ、汚れを落とすメカニズム

親水性

低汚染の親水性の仕組み図
 塗膜が非常に水と馴染みやすい特徴を持っています。塗膜に汚れよりも水の方が付着しやすいのです。
 これにより、外壁に汚れが付着した場合でも降雨などがあった場合、汚れと塗膜の間に水が入り込みます。
 汚れはその下に入り込んだ水によって浮かされ、洗い流されます。

紫外線による汚れの分解(光触媒)

紫外線による汚れの分解図
 塗膜に付いてしまった汚れを紫外線(太陽光)で分解します。当初は頑固だった汚れも、分解されることにより、壁面への付着力が弱まります。
 付着力が弱まった汚れは降雨によって洗い流されるので、綺麗を長くキープできます。

ロータス効果による自浄性(超撥水)

 ハスは泥の多い池や沼に育つが葉や花に泥が付着せず、きれいな状態を保ち続けます。泥が付着せず、きれいな状態を保ち続けることをロータス効果と呼び、ハス(蓮)の葉の表面の微細構造とその化学的特性を塗膜表面に再現することが可能になりました。

 蓮はその様子から「蓮は泥より出でて泥に染まらず」と言われます。

ナノレベルでの密度の高い塗膜の実現

 一般的に表面に凹凸があるものよりも、滑らかなものの方が汚れは溜まりにくいですよね。

 ナノレベルで塗膜の密度を高くし、汚れの入り込む隙間をなくせば、必然的に汚れにくくなります。

汚れを寄せ付ける帯電の解消

 お部屋の中で家電製品の裏が不自然なほどに汚れているのは手が届かず、掃除しなかったからだけではありません。

 静電気による帯電が汚れを呼び寄せていることも多いのです。外壁にも同様のことが起きえますが、帯電しないような機能を持った塗料も存在します。
外壁塗装用の塗料のうち、いずれかのメカニズム、もしくは複数を持っているものが低汚染塗料となります。

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ページの先頭へ戻る


街の外壁塗装やさん全国版

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F

TEL:0120-948-349

FAX:0438-38-3310

Copy right c 2012-2020 街の外壁塗装やさん All Rights Reserved.