施工事例

大井町上大井で雨漏りの原因だったバルコニーをウレタン防水通気緩衝工法で改修

「雨漏りの原因となっているバルコニーを直してほしい」と大井町上大井のお客様からご相談を承りました。お客様のお家は大きく立派で、しっかりとメンテナンスをされていましたが、バルコニーだけはいつも頼んでいる業者さんが防水工事に対応しておらず、ついついそのままにしておいたとのことです。ある日、突然に雨漏りが始まったので、ネットで探したところ、街の外壁塗装やさんを見つけ、ご連絡をいただきました。

ビフォーアフター

before
バルコニー防水施工前
arow
arow
after
バルコニーへのウレタン防水施工後

工事基本情報

施工内容
防水工事 
使用材料
DSカラー・ゼロ(ウレタン防水),エバーコートZero1
ハウスメーカー
お近くの工務店 
施工期間
6日間
保証年数
お付けしておりません
建坪
12.1㎡(バルコニー部分)

点検の様子~雨漏りしているバルコニー

メンテナンスから取り残されてしまったというバルコニーです。この下にお部屋があり、雨漏りしているということです。コンクリートの下に防水層があるタイプで、そのコンクリートの床面はすっかり禿げ上がっていますが、しっかりと通風を考えた造りなっているのはさすがです。

バルコニー床面のひび割れ

雨水の浸入口となっていそうな複数あります。まず柵を支えている足の部分、こちらに苔が生えており、足と床の間に隙間がありそうです。そして床のクラックの部分、目地の部分もかなり怪しいですね。防水工事ではこれらをすべて防水層で覆ってしまうため、雨水が入ることは皆無となります。雨漏りしているということなので、防水層の下の湿気を抜くことができる通気緩衝工法でウレタン防水を行うことになりました。

施工の様子~バルコニーへのウレタン防水通気緩衝工法

足場の仮設
床面への高圧洗浄

さまざまな資材を搬入しなければならないので、足場を仮設いたしました。これで室内を通ることなく資材をバルコニーに運ぶことができます。早速、高圧洗浄機を運び込み、バルコニーを高圧洗浄いたしました。トップコートもかなり落ちました。

目地の防水材を撤去
樹脂モルで下地調整

下地調整を行います。まずは目地を撤去していきます。新しいうちは伸縮するので床の動きに追随し、水が入ってこないのですが、古くなると追随しなくなるので雨漏りの原因になります。次に樹脂モルタルを使用して下地調整を行います。ひび割れている部分にはこの樹脂モルタルを奥まで刷り込みます。

目地の新しいジョイント
緩衝シート貼り

通気緩衝シートを貼るためにプライマーを塗布していきます。通気緩衝シートは文字通り、空気と湿気を通すもので雨漏りによって溜まっている水分や湿気は脱気筒から逃がしてあげます。また、密着工法よりも寿命が長いのも特徴です。最初に考えた人はとても頭がいいですね。それを工法として確立し、それに合わせて各種の建材を開発したメーカーにも頭が下がります。

ジョイントテープ貼り
ジョイントにウレタン防水塗布

通気緩衝シートの結合部にはジョイントテープを貼り、隙間ができないようにします。結合部は弱いので先にウレタン防水材を塗ってしまいます。湿気を抜く要となる脱気筒も取り付けました。こちらは排気口率を考えて、床面の一番高い部分に取り付けます。脱気筒の周辺にもウレタン防水材を塗布していきます。

立ち上がり部にウレタン防水塗布
床面にウレタン防水1層目

立ち上がり部からウレタン防水材を塗布していきます。塗装でも同じですが、狭いところから塗布していくのが業界の常識です。広い面積を塗布してしまうと塗っていない小さな部分は見落としてしまうことがあるからです。狭い部分を完璧にしてから広い部分への塗布を行います。使用したのはダイフレックスのDSカラー・ゼロです。

エアコンを移動させながら作業
ウレタン防水2層目

クーラーを移設しながら2層目も塗布していきます。バルコニーやベランダの面積は限られているのですが、こうした物がおいてあることが多く、その移設に結構、時間がかかることもあります。ちょうど、夏場に工事を行いましたので、常にエアコンが使えるように配慮致しました。幸いにもエアコンのホースに余裕がありましたので、何とかなりました。

エバーコートZero-1s
トップコート塗布

最後にトップコートです。トップコートを行わないと太陽光などですぐに劣化してしまいます。同じくダイフレックスのエバーコートZero1を使用しました。こういったものはいたずらに違ったメーカーの物を使用するよりも同じメーカーのものを組み合わせた方がいろいろと安心です。開発した際にテストが行われているでしょうから。

竣工、バルコニーへのウレタン防水通気緩衝工法

竣工、ウレタン防水通気緩衝工法

雨漏りしていたバルコニーへのウレタン防水が完了しました。通気緩衝工なので、残っていた湿気によって床面が膨れてくるということもありません。後日、強い雨が降った日、お施主様からは「雨漏りしなくなって良かったよ。本当にありがとう。」とお電話をいただきました。私達もお施主様にお喜びいただけ、嬉しい限りです。

防水工事のブログ一覧

防水工事の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る