現場ブログ

お客様からハルスハイブリッド塗料についてご質問がありました

本日、お客様から「ハルスハイブリッド塗料について教えてほしい」とご質問を受けました。ご質問の骨子は「下塗り、中塗り、上塗り、どの工程で使うものなのか」、「どの程度の寿命があるものなのか」です。ハルスハイブリッド塗料は劣化の原因となる『紫外線を吸収する』、『劣化の原因となる物質(ラジカル)が発生したらそれ閉じ込める』という2つの技術から成り立っているので、ハイブリッドという名称が付けられています。

 

ご質問への回答ですが、どの工程で使われるものかというとご質問ですが、「中塗りと上塗り」の工程で使われます。下塗りは外壁の種類によって専用のものを使う時もあれば、各メーカー推奨のシーラーを使う時もあります。各塗料によって違いますが、下塗りに使われるシーラーなどには基本的にハルスハイブリッド機能はありません。下塗り層まで紫外線が透過していくことは少ないからです。

 

耐用年数についてはシリコン以上、フッ素未満というところなので、13~15年超というところです。ナノコンポジットFなどはフッ素とハルスハイブリッド技術を15年超という長寿命が期待できます。ここで代表的なハイブリッド塗料をまとめておきます。

 


日本ペイント「パーフェクトトップ」日本ペイント「パーフェクトクーラーベスト」

日本ペイント「パーフェクトトップ」

現在、弊社でもお客様からご希望が多い塗料です。紫外線などを吸収するという意味の「ハルス」という言葉は使われておりませんが、カタログなどには『紫外線を制御する』とかかれており、『ラジカル制御形』と表記されています。

 

日本ペイント「パーフェクトクーラーベスト」

こちらは屋根用の遮熱塗料にラジカル制御が加わったものです。発売されて間もないですが、今後、屋根用遮熱塗料の主流になっていきそうです。

 


関西ペイント「アレスダイナミックTOP」ナノコンポジットにフッ素登場

関西ペイント「アレスダイナミックTOP」

日本ペイントと双璧を成す塗料メーカーといえば関西ペイント。こちらはハルスハイブリッドとカタログにも表記されております。メーカー推奨の下塗り材に強化材を入れると湿潤面にも塗れるという常識破りの塗料です。

 

水谷ペイント「ナノコンポジットF」

ナノテクノロジーにハイブリッド機能、おまけにフッ素という豪華な組み合わせ。現代科学の粋を集めたような塗料です。

 

これらの塗料はどれも低汚染であり、汚れにくいという性質を持っています。お住まいの塗り替えの際にはぜひ、検討したい塗料です。

その他のブログ一覧

2018年4月13日  屋根外壁塗装前点検!立ち会いが困難な場合でもご点検は可能です!

    今日は長生郡長生村へ屋根外壁塗装前のご点検へお伺いしてまいりましたので、その様子をお伝えいたします。現在、建物に居住者はおらず、空き家のご点検でした。所有している物件が遠方にある場合、立ち会いをすることも困難だろうと思います。所有者様のご了解をいただければ立ち会いがなくても外装の点検はできますので、お問い合わせの際にその旨お伝え頂ければと思います。さてお家の状態はどうなっているでしょうか? ...続きを読む

屋根外壁塗装前点検!立ち会いが困難な場合でもご点検は可能です!

2018年4月12日  外壁の塗替えの際はアルミサッシの色も頭に入れておきましょう

    今日は佐倉市にお住いのお客様宅の外壁塗装の様子をお伝えしてみたいと思います。外壁塗装の際には付帯部と呼ばれる箇所の塗装もいたします。(雨樋、軒天井、破風・鼻隠し、笠木、雨戸・戸袋、などを付帯部と呼んでおります。)今回、外壁の色はパーフェクトトップのND-152で塗装をすることになりました。ここで下記画像をご覧くださいませ。付帯部塗装の雨戸部分になります。下左画像が塗装後の状態で、下右画像の赤く囲ってある部分 ...続きを読む

外壁の塗替えの際はアルミサッシの色も頭に入れておきましょう

2018年3月26日  屋根足場が必要?急勾配な屋根での作業

    お問い合わせでいただくお客様のご質問の中に、「足場は必要?」との声がございます。足場は足場でも、今日は屋根足場について書いてみたいと思います。 ...続きを読む

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る