現場ブログ

お客様からハルスハイブリッド塗料についてご質問がありました

本日、お客様から「ハルスハイブリッド塗料について教えてほしい」とご質問を受けました。ご質問の骨子は「下塗り、中塗り、上塗り、どの工程で使うものなのか」、「どの程度の寿命があるものなのか」です。ハルスハイブリッド塗料は劣化の原因となる『紫外線を吸収する』、『劣化の原因となる物質(ラジカル)が発生したらそれ閉じ込める』という2つの技術から成り立っているので、ハイブリッドという名称が付けられています。

 

ご質問への回答ですが、どの工程で使われるものかというとご質問ですが、「中塗りと上塗り」の工程で使われます。下塗りは外壁の種類によって専用のものを使う時もあれば、各メーカー推奨のシーラーを使う時もあります。各塗料によって違いますが、下塗りに使われるシーラーなどには基本的にハルスハイブリッド機能はありません。下塗り層まで紫外線が透過していくことは少ないからです。

 

耐用年数についてはシリコン以上、フッ素未満というところなので、13~15年超というところです。ナノコンポジットFなどはフッ素とハルスハイブリッド技術を15年超という長寿命が期待できます。ここで代表的なハイブリッド塗料をまとめておきます。

 


日本ペイント「パーフェクトトップ」日本ペイント「パーフェクトクーラーベスト」

日本ペイント「パーフェクトトップ」

現在、弊社でもお客様からご希望が多い塗料です。紫外線などを吸収するという意味の「ハルス」という言葉は使われておりませんが、カタログなどには『紫外線を制御する』とかかれており、『ラジカル制御形』と表記されています。

 

日本ペイント「パーフェクトクーラーベスト」

こちらは屋根用の遮熱塗料にラジカル制御が加わったものです。発売されて間もないですが、今後、屋根用遮熱塗料の主流になっていきそうです。

 


関西ペイント「アレスダイナミックTOP」ナノコンポジットにフッ素登場

関西ペイント「アレスダイナミックTOP」

日本ペイントと双璧を成す塗料メーカーといえば関西ペイント。こちらはハルスハイブリッドとカタログにも表記されております。メーカー推奨の下塗り材に強化材を入れると湿潤面にも塗れるという常識破りの塗料です。

 

水谷ペイント「ナノコンポジットF」

ナノテクノロジーにハイブリッド機能、おまけにフッ素という豪華な組み合わせ。現代科学の粋を集めたような塗料です。

 

これらの塗料はどれも低汚染であり、汚れにくいという性質を持っています。お住まいの塗り替えの際にはぜひ、検討したい塗料です。

その他のブログ一覧

2018年2月13日  屋根塗装と一緒に雹災被害に遭った箇所も修繕しました

    足立区の屋根塗装工事が完工したとのことですので、Before・after形式で見てみたいと思います。最初のお問い合わせのきっかけが、アンテナ工事をした際に棟板金の浮きを指摘されたことと、雹が降った時にベランダの波板に穴が空いてしまったとのことでした。お問い合わせいただいた箇所以外にも目に付く箇所はいくつかありました。下記画像をご覧くださいませ。 ...続きを読む

屋根塗装と一緒に雹災被害に遭った箇所も修繕しました

2018年1月26日  外壁塗装と一緒に雨樋塗装も忘れずに

    本日のブログは雨樋塗装について書いてみたいと思います。屋根や外壁に比べ軽視されがちな雨樋ではありますが、雨樋も屋根や外壁塗装と同様に定期的に塗り替えをする必要があります。 ...続きを読む

外壁塗装と一緒に雨樋塗装も忘れずに

2018年1月18日  袖ケ浦市|アパート踊り場の鉄骨材の劣化

    外壁や建物の劣化 ...続きを読む

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る