現場ブログ

お客様からハルスハイブリッド塗料についてご質問がありました

本日、お客様から「ハルスハイブリッド塗料について教えてほしい」とご質問を受けました。ご質問の骨子は「下塗り、中塗り、上塗り、どの工程で使うものなのか」、「どの程度の寿命があるものなのか」です。ハルスハイブリッド塗料は劣化の原因となる『紫外線を吸収する』、『劣化の原因となる物質(ラジカル)が発生したらそれ閉じ込める』という2つの技術から成り立っているので、ハイブリッドという名称が付けられています。

 

ご質問への回答ですが、どの工程で使われるものかというとご質問ですが、「中塗りと上塗り」の工程で使われます。下塗りは外壁の種類によって専用のものを使う時もあれば、各メーカー推奨のシーラーを使う時もあります。各塗料によって違いますが、下塗りに使われるシーラーなどには基本的にハルスハイブリッド機能はありません。下塗り層まで紫外線が透過していくことは少ないからです。

 

耐用年数についてはシリコン以上、フッ素未満というところなので、13~15年超というところです。ナノコンポジットFなどはフッ素とハルスハイブリッド技術を15年超という長寿命が期待できます。ここで代表的なハイブリッド塗料をまとめておきます。

 


日本ペイント「パーフェクトトップ」日本ペイント「パーフェクトクーラーベスト」

日本ペイント「パーフェクトトップ」

現在、弊社でもお客様からご希望が多い塗料です。紫外線などを吸収するという意味の「ハルス」という言葉は使われておりませんが、カタログなどには『紫外線を制御する』とかかれており、『ラジカル制御形』と表記されています。

 

日本ペイント「パーフェクトクーラーベスト」

こちらは屋根用の遮熱塗料にラジカル制御が加わったものです。発売されて間もないですが、今後、屋根用遮熱塗料の主流になっていきそうです。

 


関西ペイント「アレスダイナミックTOP」ナノコンポジットにフッ素登場

関西ペイント「アレスダイナミックTOP」

日本ペイントと双璧を成す塗料メーカーといえば関西ペイント。こちらはハルスハイブリッドとカタログにも表記されております。メーカー推奨の下塗り材に強化材を入れると湿潤面にも塗れるという常識破りの塗料です。

 

水谷ペイント「ナノコンポジットF」

ナノテクノロジーにハイブリッド機能、おまけにフッ素という豪華な組み合わせ。現代科学の粋を集めたような塗料です。

 

これらの塗料はどれも低汚染であり、汚れにくいという性質を持っています。お住まいの塗り替えの際にはぜひ、検討したい塗料です。

コメントは受け付けていません。

その他塗装のブログ一覧

2017年6月16日  君津市|室内の壁、天然木の板張りでナチュラルに

   君津市のお客様の室内をリフォームしています。お客様から「内壁をクロスだけではなく、自然の物を合わせてコーディネイトしたい」とリクエストがありました。     一般的なお家の内壁というと、ほとんどがクロスです。下地に石膏ボード、仕上げにクロスの防火仕様であることがほとんどです。クロスは薄いビニル樹脂からできています。ビニール樹脂だ ...続きを読む

君津市|室内の壁、天然木の板張りでナチュラルに

2017年6月14日  江戸川区で床用塗料、フロアトップ5000でバルコニーを塗装

   江戸川区でバルコニーの床の塗装を承りました。こちらのお住まいでは屋根、外壁の塗装を行うのですが、その工事に合わせて汚れが目立っているバルコニーの床も綺麗にしたいということでした。     これから塗装をするバルコニーの床です。この時点ですでに高圧洗浄を行っておりますが、表面が黒ずんで見た目があまりよくありません。ここ ...続きを読む

江戸川区で床用塗料、フロアトップ5000でバルコニーを塗装

2017年5月26日  江戸川区でハイポンファインデクロとファインウレタンで金属部(霧除け庇)の塗装

   本日ご紹介いたしますのは霧除け庇の塗装です。使用する塗料は錆止めにハイポンファインデクロと、ファインウレタンを重ね塗りで使用いたします。外壁塗装を行う場合、ほとんどが付随する箇所も一緒に塗装を行います。例えば破風板だったり雨戸だったりと、塗る箇所によって使用する塗料も変わってきますが、今回は霧除け庇を塗装する塗料についてご紹介し ...続きを読む

その他塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る