横浜市港南区で外壁塗装をお考えの方へ!

横浜市港南区でスレート屋根を塗装工事で蘇らせました

横浜市港南区で屋根の塗装工事を行いました。スレート葺きの屋根で何回か塗装工事をされた事があるそうですが、塗装が劣化していてチョーキングが出ていました。スレートの重なり部分が塗装で覆われているので、隙間にタスペーサーという縁切り部材を差し込んでから塗装を行います。下塗りには、ベスコロフィラーという傷んだスレートの表面を蘇らせる塗料を使用しました。下地がしっかりとするので、仕上げの塗料も性能を最大限に発揮します。仕上げはサーモアイSiという遮熱塗料を使用しました。太陽からの熱を反射して熱を伝えにくくしてくれます。綺麗に仕上がった屋根を見て、お客様にも喜んで頂けました。

ビフォーアフター

before
arow
arow
after

工事基本情報

施工内容
屋根塗装  
使用材料
サーモアイSi、ベスコロフィラー
築年数
30年

【現地調査】
港南区、屋根全景港南区、塗装の劣化
過去に何回か塗装工事をしたことのある屋根です。スレートの表面がコケで覆われています。
港南区、塗膜の劣化港南区、指にこびり着いた塗料
塗膜が劣化してチョーキングが出ていて、手で表面を触ると指に古い塗膜がついてしまいます。屋根の撥水性が全く無くなった状態です。
港南区、縁切り未施工港南区、重なり部分
スレートの重なり部分が塗料で覆われてしまっています。縁切りをしていないんです。この縁切りをしないと雨水がスレートの裏側に溜まった状態で逃げ道が無くなって、雨漏りの原因になります。塗装工事の前にしっかりと縁切り工事をしなければなりません。 【施工中】
港南台、高圧洗浄港南区、洗浄後の状態
まず最初は、汚れや傷んだ塗膜を落すために高圧洗浄を行います。洗浄して汚れを落とさないとせっかく塗装をしても直ぐに剥がれてしまいます。コケがびっしりと生えていたのですが、綺麗に落ちました。
港南区、縁切りタスペーサー港南区、下塗り
スレートの重なり部分にタスペーサーという縁切り材を差し込んでいきます。隙間を開けるので塗装をしても重なり部分が離れた状態になるので、雨漏り防止になります。
港南区、下塗り港南区、下塗り完成
洗浄後に下塗りのベスコロフィラーを塗布していきます。塗装が傷んで剥がれてガサガサだったスレートの表面に浸透して下地を形成してくれるので、仕上げの塗料がしっかりと食いついてくれるようになります。
港南区、中塗り港南区、中塗り
下塗りベスコロフィラーを塗装したあとは、仕上げの塗料を2回塗ります。仕上げに使用しているのは、遮熱塗料のサーモアイSiです。太陽からの熱を反射する性能があるので、夏場の暑さを和らげてくれる塗料です。
港南区、中塗り完了港南区、中塗り完成
中塗りが完成です。だんだんと艶が蘇ってきたのが分かります。
港南区、上塗り開始港南区、中塗りと上塗りの違い
仕上げの塗装の2回目です。塗装工事の仕上げは2回塗りが基本です。中塗りの上から塗装をすると更に艶が出てきます。

部分塗装 破風板・軒天塗装

外壁塗装センターでは、屋根や外壁だけでなく、部分的な塗装のご依頼も承っております!
既に外壁や屋根を塗装済の方など、部分的に塗装をご希望の方も、お気軽にお問い合わせください!

今回は、破風板・軒天の塗装をご依頼くださったA様の工事の様子をご紹介いたします!


【破風板・軒天塗装工事】

ケレンなどの下地処理後、塗装を行います。

A様の場合、特に破風板の塗装が剥がれてきておりましたので、丁寧に塗装していきます。

仕上げの塗装を施せば、破風板が以前の輝きを取り戻しました!

続いては軒天の塗装の様子をご説明致します。

こちらも下地処理後、丁寧に塗装を施していきます。

特に細部などは細心の注意を払い、弊社自慢の職人が丁寧に仕上げます!

【塗装工事完工】

こちらは破風板の塗装後の写真です。

いかがでしょうか?塗装がはげかけていた破風がよみがえりました!

遠くから見ても破風の輝きが分かります。

続いては軒天です。

こちらも破風同様、ピカピカになりました!

破風と軒天を塗装するだけでも、ぐっとお住まいが新しくなったように感じます!

施工事例 屋根塗装

屋根塗装の施工事例をご紹介します

 

当ホームページからお問い合わせいただいたお客様の実際の施工事例をご紹介致します。

施工事例:屋根塗装

屋根塗料:ルーフマイルドSi、施工期間:7日間

 

before

afer

 

屋根塗装の様子

高圧洗浄

高圧洗浄で屋根に溜まった汚れ・コケをキレイに落とします。

中塗り

高圧洗浄が終わり屋根がキレイになりました。

上塗り

塗装の前に屋根と屋根が塗料で接着しないようにタスペーサーを入れます。

塗装施工完了

タスペーサーは目立たないので塗装工事にはオススメです。

塗装施工完了

下塗り後の中塗りです。ツヤのあるブラックはとてもキレイです。

塗装施工完了

3回塗りの工程でツヤもかなり出てきました。仕上がりにお客様納得です。
(赤く映りこんでいるのは職人さんです)

横浜市港南区と近隣区域の新着事例

その他の施工事例一覧

横浜市港南区と近隣地区の現場ブログをご紹介します!

トコートを塗装しました

2017年5月16日  横浜市港南区|外壁塗装前にエラストコートでカラーシミュレーション

   さて本日のブログは横浜市港北区にお住いのお客様宅の外壁塗装のシミュレーションになります。 今回使用を検討されている外壁塗料はエラストコートになります。 最近、弊社でも使用率の高いパーフェクトトップと同様に使用率の高い塗料になります。 それでは早速ご覧くださいませ。   『エラストコート標準色色サンプル』 ...続きを読む

横浜市港南区|外壁塗装前にエラストコートでカラーシミュレーション

2017年4月12日  横浜市港南区で行った外壁塗装の下地処理をご紹介します

   横浜市港南区のお客様より外壁塗装のご依頼をいただきましたので、本日は工事の下地処理についてご紹介したいと思います。外壁塗装を行う上で、下地の処理はとても重要です。塗装は外壁を紫外線や水分など、劣化の原因になるものから保護する役目があります。ですが、塗料には耐用年数があり、年数が経つと保護機能はどんどん低下してしまいます。ですので ...続きを読む

横浜市港南区で行った外壁塗装の下地処理をご紹介します

2016年5月25日  横浜市港南区|屋根塗装・外壁塗装前のご点検です!

   今日は曇り空の当地方です。少し暑さも落ち着きましたね! さて本日のブログです。 先日、横浜市港南区にお住いのお客様からのお問合せで、築15年で初めての屋根塗装、外壁塗装をご検討されており、見積りをお願いしますとのご連絡をいただきました。 数あるサイトの中からご連絡くださいまして誠にありがとうございます。 さっそく担当スタッフが調 ...続きを読む

横浜市港南区|屋根塗装・外壁塗装前のご点検です!

2015年6月9日  屋上防水の劣化で雨漏り発生|横浜市港南区

   横浜市港南区で雨漏りの調査に伺いました。 調査の結果、屋上の防水が劣化していて防水層の下に雨水が溜まっているのが分かりました。 屋上の床はシート防水が施工してあります。防水が膨らんでいるのが分かりますでしょうか?指で押すと、たぷたぷと水が溜まっているのが分かります。全体的に劣化していて、亀裂が至る所にあるの ...続きを読む

屋上防水の劣化で雨漏り発生|横浜市港南区

2015年4月24日  横浜市南区|小まめなメンテナンスで長持ちさせましょう

   横浜市港南区に屋根の調査に伺いました。 築27年の建物ですが、今回が3回目のメンテナンスになるそうです。最後に行ったのが約7年前で、10年に1回の頻度でメンテナンスをされていました。定期的に手を加えた屋根の状態を早速見てみましょう。 屋根はスレート葺きで塗装をした跡があります。全体的に塗膜が劣化していて所々コ ...続きを読む

横浜市南区|小まめなメンテナンスで長持ちさせましょう

2015年4月22日  横浜市港南区|雨漏りの原因は、バルコニー防水の亀裂

   横浜市港南区に雨漏りの調査に伺いました。 1階のリビングの天井から雨漏りすると言うお問い合わせで、天井の染みがだんだん広がってきたのでご連絡されたそうです。雨漏りの原因究明の為に早速調査を開始します。 リリングの上はバルコニーになっています。防水層が劣化していてあちこちにヒビ割れが出来ています。 ...続きを読む

横浜市港南区|雨漏りの原因は、バルコニー防水の亀裂

2015年2月15日  港南区|屋根葺き替え工事と一緒に霧除け塗装工事

   屋根の葺き替え工事を着工中の横浜市港南区の現場です。 屋根の葺き替えと雨樋の交換を行うのですが、 足場が有る内に一緒にサッシ上の霧除け塗装工事を 行うことになりました。 トタン部分の塗膜が剥がれた所を、ケレンしてペーパーで平らにしていきます。 平らにしたら、錆止めを塗装します。 ケレンと錆止めをしっかり塗装しないと、塗膜の ...続きを読む

その他のブログ一覧

お住まいの地域情報

 港南区は行政区再編成により、1969年(昭和44年)10月1日、南区より分区して発足しました。
かつては農村地帯が広がっていましたが、1950年代から虫食い的に宅地開発が始まりました。

 1970年代には野庭団地、港南台団地などといった巨大団地が形成されて人口は爆発的に増加し、発足時の人口は約9万5千人でしたが、現在では約22万人の暮らす住宅都市となっています。
戦後しばらくは、大岡川沿いに捺染工場が林立し、横浜名産のスカーフが生産されていました。

会社所在地

外壁塗装センター

  • 電話 0120-948-349
  • E-Mail info@sharetech.co.jp
  • 株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033
神奈川県横浜市新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

神奈川県

東部

横浜地域
横浜市
川崎地域
川崎市
湘南地域
三浦半島地域

西部

相模原地域
相模原市
県央地域
足柄上地域
西湘地域

施工事例

外壁塗装をご検討されている方はこちら!

  • はじめての外壁塗装
  • 2回目以降の外壁塗装

お客様の安心第一!当社のルールとお約束

  • 当社の5つのルール
  • 施工中の7つのお約束

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報
ページの先頭へ戻る