日立市で外壁塗装をお考えの方へ!

擁壁を補修して、新品のような輝きを!|擁壁補修・擁壁塗装もお任せください!

みなさんのお住まいの擁壁は経年とともに劣化していませんか?
汚れてきた、という方はもちろん、ヒビ(クラック)が・・・という方も、お気軽に外壁塗装センターへご相談ください!

今回は実際に行った擁壁の塗装工事を例にご紹介いたします!
みなさんのお住まいの擁壁もきれいにしませんか?

【点検時】

最初に点検にお伺いした際に撮影させて頂いた写真です。

こちらの擁壁は下部分の汚れが特にひどいです。

クラック(ヒビ)も目立ちます。

【擁壁塗装の流れ】

まずは高圧洗浄で擁壁の汚れを落としていきます!

続いてはクラックの補修です!
モルタルでクラックを一つ一つ丁寧に埋めていきます!

クラック補修後は、いよいよ塗装の工程に入ります!

まず下塗りが終わるとこんな感じになります。
まだ下のクラックを補修した後や、元の色が透けて見ます。

下塗り後、塗装を重ねていくと、このように仕上がります!
今回は下塗り・中塗り・上塗りと合わせて4回塗装を行いました!

瓦屋根も塗装が必要! 屋根塗装 セメント瓦

屋根塗装と聞くとスレート(コロニアル)や、金属屋根材(ガルバニウム鋼板)のイメージがあるかもしれませんが、瓦を使用した屋根も塗装が必要な場合があります。

皆さんが思い浮かべる瓦といえば、陶器のような材質の瓦ではないでしょうか?
瓦も様々種類があり、セメント瓦と呼ばれる、セメントでできた瓦の場合は塗装のメンテナンスが必要になります。

それでは、セメント瓦の塗装工事の流れをご紹介いたします!

【Before】

施工前

【After】

施工後

【セメント瓦塗装工事の流れ】

まずは洗浄を行い、汚れを落とします。

洗浄後は下塗りを行います。
塗装の工程は通常の屋根塗装となんら変わりません。

こちらは下塗り後のセメント瓦の様子です。
セメント瓦は塗料をよく吸ってしまうので、下塗りを今回は2回行いました!

続いて中塗りです。
屋根に艶が出てきましたがまだ鈍いですね。
上塗りでさらに艶を出していきます!

こちらは仕上げの上塗りです!
いかがでしょうか?艶が出て屋根が美しさを取り戻しました!

事前に色を確認!カラーシミュレーター

外壁塗装センターでは、塗装前に実際と外壁塗装・屋根塗装した場合のシミュレーションが可能です!
塗装前に色の組み合わせなどを細かく打ち合わせできるので、安心して塗装をお任せ頂きます!
茨城で外壁塗装・屋根塗装・塗り替えをお考えの際はぜひこのカラーシミュレーターをご活用ください!

施工事例

外壁塗装をご検討されている方はこちら!

  • はじめての外壁塗装
  • 2回目以降の外壁塗装

お客様の安心第一!当社のルールとお約束

  • 当社の5つのルール
  • 施工中の7つのお約束

お住まいの地域情報

日立市は茨城県の北部の市です。市域の大半は旧多賀郡で一部は久慈郡である。総合電気メーカー・日立製作所の創業の地として知られています。 日立鉱山から発展した鉱工業都市で、1905年、久原房之助が赤沢銅山(後の日立鉱山)を買収し、久原鉱業所(現在のJX日鉱日石金属)を創業して以来の企業城下町として、後年はその機械部門が分離・独立した日立製作所の企業城下町となるが、現在は両社とも本社を東京に移転しています。他に似たような企業城下町には、豊田市(トヨタ自動車)や新居浜市(別子銅山、住友グループ)などがあります。 南北に大きく伸びた海岸線を持つことから、市内には6箇所の海水浴場を持ています。名勝として、玉簾の滝や諏訪梅林などがあります。市内各地に桜の木が多く見られ、「日本さくら名所100選」にも選ばれているものもあります。

茨城県

県央地域

県西地域

県南地域

県北地域

鹿行地域

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報
ページの先頭へ戻る